Top
2500円のH4型LEDは使い物になるのか?〜前編〜
b0061723_20564018.jpg
先日ベスパのヘッドライトバルブが切れた。
黄色いGTS250ieもウチへやって来て三ヵ月、3000kmちょっと。仮に今まで一度もこのハロゲンバルブが交換されていなかったとしても14000kmで切れた事になる。うーむ、やはり少しバルブが切れるの早すぎやしないか?どうもGTSって電流?電圧?暴れ気味なんじゃないかという気がしてならない。この件に関してムラカミさんは否定的な見解だったけれど、9年乗った白いGTS300Superも同時期のモデルであり、そのぐらいの間隔でバルブ交換をし続けたし、同じ頃のベスパに乗るSクンに聞いても同様に10000kmから20000km以内でバルブが切れるって言っていた。ちなみに開放式バッテリーを積んでた頃のGT200LやGTS250ieではそんな印象はないんだけどね。

b0061723_18370747.jpg
そもそもピアジオの水冷オートマ車って2stランナーの頃からバッテリーが過充電になりがちな印象がある。そしてバッテリー容量を増やしたこの頃から、バッテリーへのダメージは抑えられたけど、レギュレターはそれに応じて大幅なアップデートされないまま(レギュレターは世代ごとに細かく変わっているんだけど)きたもんだから、バルブの寿命に負担がきてるような気がするのです。

「ハロゲンバルブの寿命が通常よりちょっと短め」っていう理由だけなら(ECUのアップデートならまだしも)なにかしら電装部品を交換するなんて費用対効果的にばかばかしい。諦めてつきあっても、せいぜい一回あたり1000円以下の出費増だし、そもそも何万キロ乗るんだって話なので今まで放置していたわけですが……。

今回はエキセントリックに「斜め上から」対処すべく、
ヘッドライトのLED化を検討してみることにした。

b0061723_04155027.jpg
「待て待て、ちょっと待て」
「電流・電圧を安定させたいんだよね?」
「何も解決しないじゃない」

うん、その通り。原因は取り除けない。でもコントローラー(安定器)がまともなLEDユニットなら、ハロゲンバルブより許容できる動作電圧に幅があるんじゃなかろうかと。電気の事はよくわからないけど、灯体の手前で制御ボックスがコントロールしてくれるんじゃないかと愚考してAmazonのタイムセールでぽちっとしたのです。

b0061723_23305563.jpg
なーんてね。

小難しい話は置いといて、H4ハロゲンバルブの買い置きが残り一つになったので、補充の代わりに一度LEDバルブを試してみるのも面白いかと思っただけです。ヘッドライトバルブにおいてLEDが全ての面でハロゲンを凌駕するのを何年も心待ちにしていたのですが、いい加減そろそろ試してみたい。手を出してしまいたい。失敗するならそれはそれで面白いかな?とね。ぶっちゃけ、何か新しいイベントが欲しかっただけだったりもします。あはははは。

b0061723_15351769.jpg


Amazon内でもH4タイプのLEDって掃いて捨てるほど多種多様な商品で溢れている。
溢れすぎていて、もうどれを選べばいいのやら…。はじめて買う人間にとってはちんぷんかんぷんだけれど、今回の目的に合致しつつ、ちゃんとGTSにインストール可能なものをと探して辿り着いたのがコイツ。1箱2個入りでタイムセールで900円引き、5099円。つまり1個約2500円。

基本的なカタログスペックは以下の通り。

定格 Hi:50W Lo:40w
作業効率 Hi:45W Lo:36w
Maxルーメン Hi:5000LM Lo:4000LM
作業ルーメン Hi:4500LM Lo:3600LM
発光色 ホワイト6000K -6500K
動作温度 -40度C〜+105度C
動作電圧 DC 9〜30V
寿命 30000時間

最大値でハイビーム5000ルーメン、ロービーム4000ルーメンって…盛りすぎだろ。
どちらを見回しても怪しく見えてくるこのジャンル、
こんなカタログスペックどおり正確に叩き出してるとは思えないけどね!

b0061723_03272785.jpg
今回の目的を考えるとコントローラーの性能が一番気になるところだけれど、動作電圧はDC9Vから30Vとなっている。ふむふむ、なかなか幅広い。オールインワンの一体型ではなく、独立したコントロールボックスというのも素子の発熱の影響を受けにくそうでいい。ベーツライトに仕込むわけじゃなく、ベスパのハンドルカバー内に仕込むんだからスペース的には余裕がある訳だし。金属で出来たコントローラーの外装にもフィンが設けられていて排熱効率も良さそう。

b0061723_04172479.jpg
ただ、気をつけなくてはならないのが、バルブ取り付けの羽根からヒートシンク後端までの長さ。たぶん40mm以下じゃないとスペースに納まらない。この商品の場合は32mm。この長さを30mmそこそこに抑えた商品自体が少なく、この条件をクリアする時点で商品の数は大幅に絞られる。

ちなみに最近主流になりつつあるのは冷却ファンのないヒートシンクや金属のリボンを使ったものだけど、今回は冷却ファンを使ったものを選んだ。理由は二つ。一つ目はファンが故障したら終了っていうリスクはあるけれど、ファンのないヒートシンクって相当熱くなりそうだし、ハンドルカバー内のまわりの配線やブレーキホース、プラパーツに少しでも悪影響を与える可能性を排除したいというもの。二つ目はファンのないヒートシンクで冷却できる熱量には限界があるのか、ファンレス方式を採用するものの多くが消費電力が少なかったというのもの。別に省電力を狙ってLED化したいわけじゃない。むしろベスパの樹脂製リフレクターやレンズさえ耐えてくれれば、もう少し消費電力を上げても良い気さえしている。日進月歩なLED素子開発だけれど、直近で大きなブレイクスルーを起こした、頭ひとつ飛び抜けた効率を持つ素子があるとも思えないので、消費電力の大きさは明るさに結びつきやすいのではないかと想像する。問題はファンを回すモーターの電力にどれほど割いているかということだけど、それを差し引いても到底信じられない公称のルーメン値より消費電力で明るさを想像した方が現実的じゃないか、とね。消費電力をひとつの基準にするっていうのは、意味不明に何ワット相当とかメーカーが勝手に謳っているハロゲンバルブでも一緒。ハロゲンで実際に明るいレイブリックのサーキットクリアは消費電力が12V85/80Wへ上がってるよねって話と同じで。

b0061723_04181369.jpg
LED素子は側面に二面配置。ロービーム側には2×2と4つ連結してそれを覆うレンズで拡散。それをハロゲンバルブと同じように遮蔽板を設けて上方だけへ飛ばすようになっている。「側面二面配置、ハロゲンと同じ位置に素子を並べて、ロービーム側には遮蔽板を設ける」というのは今のトレンドらしい。確かにハロゲン用に設計されたリフレクターに合わせるなら理にかなっているように思えてくる。本質的にはハロゲンと光の性質が異なるLEDを光源にするなら、LED専用のレンズなりリフレクターにするべきっていうのが持論だけれど、こういうコンバーションキットにそれを言っても、存在を全否定するだけなので黙っておきましょう。

b0061723_04185397.jpg
素子の位置について、ハロゲンバルブを忠実に再現するっていうのがこの商品の理想だとして。果たして本当に、完璧に位置が合っているのか。写真に撮ってみよう。カメラのレンズによる歪曲を抑える為に長めのレンズを使い、一直線に切れ込みを入れた段ボールに差し込み、それぞれまっすぐ正対させてハイチーズ。

b0061723_04191424.jpg
拡大、トリミングしてハロゲンバルブのロービームとハイビーム、それぞれのフィラメント位置を赤く示すとこうなる。おやおやおや。LEDバルブのハイビームもロービームも少しだけ真ん中に寄っているじゃないか。特にロービームの位置は随分ハイビーム側に移動している。うわー、大丈夫なんかコレ。普通に考えたらロービームの光軸が高くなりそうなもんだけど…。

不安が募る……。




◇◇◇

さて。実際この後すぐに取り付けてみたのですが。
極力正確でガチンコな検証記事にするべく、条件を合わせた比較写真を撮るのに時間がかかっております…。よって取り付けとこの商品の検証についてはまた次回。

<後編>に続く。


 

[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2018-01-11 00:34 | GTS250ie | Comments(0)
サイバーマンデーの餌食
b0061723_21443448.jpg
謹賀新年。
犬ではないのに、籠かぶるモルさん。


b0061723_19560875.jpg
「これがあればお風呂掃除で新たな一歩を踏み出せるよ」
「ブラシを付ければベランダだってケルヒャーじゃ落ちない汚れを落とせるかもよ?」

昨年末のこと。otoboke-yaさんをうまく丸め込んで説得して、こんなものを買ってもらった。
買ってもらった=つまり僕のお金ではなく、我が家の家計から支出してもらった。

b0061723_20242609.jpg
年末のAmazonのサイバーマンデーでね。
中国製の安い電動ポリッシャーで、充電式で防水タイプ。4000円ぐらいだったかな。
その安さから強烈に地雷臭がするけれど、サイバーマンデーの勢いに身を任せてみた。
風呂掃除だけじゃなく、ベスパの洗車で役立ってくれるといいなぁ。
さらに言うとワックスがけで効果を発揮してくれると良いんだけど。


 


More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2018-01-03 23:08 | GTS250ie | Comments(2)
なんちゃってSei Giorni
b0061723_19024549.jpg
さて。素人なりの板金作業が済んだ黄色のベスパ。
続いて何かしらステッカーを手に入れたいわけだけど、ステッカー選びって地味にセンスを問われるんだよねぇ。苦手だなぁ、こういうの。なんか自分のセンスの無さを見せつけられているようで嫌になる。しかし、こういうセンスのない人間のために最近のピアジオは純正ステッカーキットなるものを用意してくれていて、お洒落にデコレーションするセンスのない人間にとってはありがたいところ。そして、今回の損傷箇所をきれいに隠せそうなのは上の写真の純正キット。しかし250に300って貼るのはなぁ、やっちゃいけない気がする…。


b0061723_19031054.jpg
ちょっと可愛いやんって思ったのが上のアップルマークの純正キット。
爽やかで素敵だけれど、ラインだけが残るタイプのステッカーなので、残念ながら今回の損傷箇所を隠すという目的は達成できそうにない。他にちゃんと損傷箇所を隠せそうな純正キットは、ユニオンジャックとかターゲットマークといった国籍を感じさせるタイプのもの。でもベスパは気に入ってるけれど、イギリスやイタリアって国そのものを特別に好きってわけじゃないのでなんか抵抗があるんだよなぁ。


b0061723_20534058.jpg
どうしたもんかなぁって頭を悩ませていると、今年のミラノショーで発表されたSei Giorniの名を冠した特別モデルを思い出す。sei=six。挨拶の「ボン ジョルノ」のgiorno(男性名詞・意味は日、DAY)の複数形でGiorni=日々、つまり6日間ってことでいいのかな?(僕、第二外国語はフランス語だったしイタリア語ってよくわからんのだけれども)ミニとかと同じでベスパも昔のシックスディズトライアルで評価を得たらしく、当時のプロダクションレーサーの名前なんだってね。ふーん。しかし母国語で6日間って名付けるってホンダが8耐で優勝した特別仕様のCBRに「八時間」って名付けるようなもん?ダサくない?いや、ちょっと違うな。人名のgiorniとかけているのかもしれんから、「八時間乃助」みたいなもんかな。ん?トンチンカンなこと言ってる?まあそのへんのニュアンスはよくわからないけれど、トライアンフが今もボンネビルと名付けるのと同じで、ベスパでレジェンドと呼ぶならコレっていうほど有名な元ネタのオマージュらしい。


b0061723_19462891.jpg
言葉の話はさておき、このオマージュモデルが割と格好良くてね。50年代のオリジナルモデルと比べるとちょっと冗談っぽく、さらに言うとおもちゃっぽくもあるんだけれど、デコレーションの意味合いとしては面白いかもしれん。とっかかりとしてはいいんじゃなかろうか。旬な気もするし。


b0061723_19565765.jpg
欧州ではすでにデリバリーを開始していて、ちょっと調べてみるとスクーターセンターで純正パーツとしてステッカーが売られている。しかし、今回貼る場所を考えるとアレンジが必要になるし、これをアレンジするぐらいなら自分のベスパ用にイチから再設計したほうが完成度があがるよなぁという結論に至る。しゃーない、自分でステッカー作るか。


b0061723_20031054.jpg
ぱっと見た感じ、書体はArial Black、それもデジタルフォントに見える。しかしピアジオの社内デザイナーが作るんだからそんな単純なわけないよね?って思いながらイラストレーターで当てて見ると普通にArial Blackの133.33%変倍って代物だった…。おいおい、Arial Blackというチョイスもどうかと思うけれど、細部のバランス取るとかしようよってマウスを投げつけそうになりながら、ピアジオのデザイナーさんの意思を尊重し、全く同じようにデータを起こす。しかし特にサイドに貼っているものは、いささか大きすぎる気がしてArial Blackというチョイスとともに、それがおもちゃっぽさを助長してる気がしてならないので元ネタより気持ちサイズを小さくしてステッカー制作業者に発注した。


b0061723_20582063.jpg
中三日で仕上がってきた。
仕事以外の、遊びでスッテカーを発注するのは人生で初めて。コスト重視で選んだ業者さんでは1枚作るのも6枚作るのも同じ3700円という見積もりだったので、無駄に6枚作ってみた。なお、シルクスクリーンで刷ってるわけじゃなく、高精度プリンターの出力でしかないので印刷そのもののクオリティーはあんまり良くない。


b0061723_20585310.jpg
遮蔽性が高い裏がグレーの、曲面でもよく伸びる塩ビ製のステッカーにUVカット付きラミネート加工。ラミネートフィルムは傷のつきにくさを重視してつや消しをセレクト。出来上がってきたものは予想より厚手でちゃんと貼り込めるのか心配だけれど、とりあえず鉄板ボディ分とサイドパネル分に分割する。位置を決めるトンボ(しるし)を付けておけるのが自作ステッカーのよいところ。


b0061723_21380025.jpg
ぐぬぬ。うまく貼るのは難しいね。脱脂して霧吹きして慎重に進めてたのに、どうしても中の水が追い出せないところが出てくる。


b0061723_21383712.jpg
必死にヘラで水抜きする。最近貼ったシールといえばiPhoneの保護フィルムぐらいだもの。どんどん簡単に貼れるフィルムが出回ったおかげで、こういう普通のステッカーを貼る腕が鈍ってきてる気がします…。


b0061723_21390055.jpg
計算上、この曲率なら熱をかけなくても貼れるかなって思ってたけど、そんなに甘くはなかった…。やっぱりヒートガンは必須でした。外周付近で余り気味になったシートがピュッて縮んでフィットする感じは爽快。どうしても追い出せない水が残っていて手触りは少々残念な部分が残ったけれど、もう一度貼り直してもこれ以上うまく出来る気がしないので、ほどほどの出来で手を打つことに(笑。


b0061723_21394414.jpg
ステッカーが無駄に6枚もあるからね。トップケースのこの部分にも貼ってみようかと。


b0061723_21150920.jpg
サイドボディと比べると張り込む部分の曲率が格段に高い。
熱によるステッカーの伸縮だけでは無理があるので切り欠きを設ける。デジタル上の計算ではこれでそこそこ合うはずなんだけど、実際に合わせて見ないとなんとも言えない。

b0061723_21404025.jpg

リフレクターを外して、マスキングテープで位置あわせした通りに貼りこんで行く。分割した左右のアキは2mm、リフレクターに潜り込む幅は5mmに設定。と、ここでカメラの電池がなくなったので、以下仕上がりの写真へと続く。


 


More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-12-24 22:08 | GTS250ie | Comments(0)
素人板金作業
b0061723_02484065.jpg
先日転倒してしまったベスパ。
「鉄板ボディはほんのりとへこんでいるような気がする」なんて言ってましたが……。その後冷静に診断すると最大で1cm弱は凹んでいるようです。塗装に傷が入っている部分だけならせいぜい1〜2mm内側に入っている程度なんだけど、そのまわりの、傷が入っていないところから緩やかにへこみ始めていて、リアボディの膨らみの最頂部分でトータルで1cm弱内側に入ってしまっている。

b0061723_02485803.jpg
目で見てもほとんど判らないけれど、左右のボディを手で触り比べると確実に違う。うーん。これはどうしたもんか。とりあえず二輪も受け付けてくれる板金屋さんでざっくり見積もってもらうと8万円という数字が出た。もう少し安くならないか交渉してみると、抉られた傷は埋めるものの緩やかなボディのへこみは直さないっていうプランなら6万円という数字。ぐぬう。確かにフラワーテール号(GT200L)を板金修理に出した際(違う板金屋さんです)にもリアボディまるまる塗ったって聞いたしなぁ。作業内容を考えるとさすがにこれ以上値切るのは酷だと言える。正当な対価を支払うべきだよねぇ。

b0061723_02481884.jpg
しかし、この程度のダメージで6万円とか8万円払うのは抵抗あるなぁ。ずっと我慢してるトラのディスクローターが買える金額じゃないか。ここはやっぱり自分で修理するしかないか。もちろんリアボディまるまる塗装なんて素人には無理なので、局部的に修復してさ。最終的にステッカーでごまかすってのが現実的かしらねぇ…。

b0061723_02494831.jpg
ボディのへこみは裏からハンマーで叩き出す。
治具なんて持ってないからね、木工用の木槌一本で出来る範囲のベストを尽くす。慎重に、でも大胆に。そんなにうまくはいかんだろうと思ってたけど、これが中々うまくいった。へこんだのが左側ボディで良かったよ。右側だったらちゃんと叩き出すにはガソリンタンク抜かなきゃダメそうだし、そうなると通勤で使いながら毎日ちょっとずつ様子を見ながら作業するってわけにはいかないからね。


b0061723_02492593.jpg
最終的にステッカーでごまかすとしても、下地は綺麗に均しておかないといけない。パテを盛っては削りを繰り返すこと6回。普通なら3回もあれば済む作業なんだろうけれど、水研ぎして手がつるつる滑るところまで仕上げると、手触りで全体の歪み(へこみ)をより正確に感じ取れるようになるので、そこでまた裏からハンマーで叩き出す作業に戻る事になる。つまり、パテを盛る→ペーパーをあてる→ハンマーで叩き出すの3工程が1セットになり、それを6回繰り返した結果、気がついたら三週間経っていた…。素人ならではの効率の悪さですな。焦っても仕方が無いし、お金をかけずに手間をかけることを選択した結果だし、気温が低くてパテの硬化時間を多めにとらなくちゃいけないし、そしてやり始めるとこの作業も不思議と楽しいので、毎日仕事へ行く前に15分ずつ使ってちまちまやっていく。(年末で追い込まれてる仕事からの現実逃避でもある)


b0061723_02501217.jpg
耐水ペーパーの当て木がわりに使っているのはiPhoneの充電アダプター。
今回のパテ埋め範囲だと、このサイズ感、工業製品としての完全な平面部分、角の丸みもひっかかることを防げるなど、とても扱いやすい。


b0061723_02510243.jpg
だいぶ元のラインに近づいてきた。
ここまでくると左右のボディを触り比べても判らなくなることが多いので、グリッド的なものを映し込んで視認、確認する。仮に10へこんでたとして8ぐらいは元に戻せたと思う。この作業、こだわりだすと際限がないというか、どこで終わって良いのかわからなくなる類の作業なんだよねぇ。そこで工具箱に転がっていた20cm四方の要らないカッティングシートを貼ってみたら、細かいところはシートの厚みや光沢の違いで吸収されるようだったので、素人的にはこのあたりで切り上げることにした。


b0061723_02513830.jpg
一方、サイドパネルの傷も埋めなくちゃいけない。
傷そのものの深さで言えばこちらの方が重症ともいえる。




More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-12-14 23:04 | GTS250ie | Comments(0)
四回目の車検
b0061723_23484747.jpg
最近モミジの紅葉よりイチョウの色づきの方が心に響くようになったかも。
毎日走る皇居から溜池までの六本木通り沿いも丁度良い頃合い。
今年は去年より早めかな。

仕事は今年の年末進行もなかなかのもので、目が回りそうです。
それにしても12月かー。もうすぐ正月じゃないか。焦る焦る。

b0061723_00000132.jpg
ベスパの話が続いて触れてなかったけれど、ウチのトライアンフも11月初旬に車検を通した。そう、ベスパは通せなかった四回目の車検。つまり登録後9年経過。

b0061723_00335035.jpg
ノーマルマフラーに付け替え、シートにベルトをくっつけ、車検を通してもらう為にディーラーへ電話連絡し、いざ出発しようとしたら、タイヤが終わってるじゃないか。最近乗っていて、グリップしなくなったなぁとは思ってたけど、車検どころじゃない減り具合だったので、慌てて近くのタイヤショップに寄る。上野にあったタイヤに強いSP忠男が最近浅草に出店したのを知っていたのです。しかも家から歩いて五分ぐらいの立地なので交換作業中に家に帰れる。素晴らしい。

b0061723_00072765.jpg
今もやってるのか知らないけれど、ここんちってタイヤの試着(!)ができるお店で、交換したものの、なんか違うなって思ったら安く他の銘柄に履き替えてくれるという驚きのサービスがある。(そんな商売やっていけるのか心配になります)まあタイヤなんて乗り込んで行くと印象は変わるもので、他の銘柄に交換してもらえる限界の距離(100kmだったかな?)では何も判らずじまいだろうとは思うのだけどね。

そして今回もメッツラーのM7RR。やっぱりブリヂストンのS20よりライフは良いと思う。磨り減って終わりかけでもブリヂストンより段減りしにくく、フィーリングの落ちも緩やかなので、ついつい最後まで使おうって気になる。あとフロントとリアがきっかり同時に終わるってのも地味にお財布に優しいのでお気に入り。

b0061723_23363574.jpg

さて、車検そのものは前回と違い、大きな整備はプランに入れていなかった。(前回はフロントフォークオーバーホールを含め交換部品もそれなりに多かった)しかし、一カ所問題があったらしく、「フロントのドライブスプロケットが緩んでダメになってたので交換しときました」との事。幸いシャフトにダメージは無かったので一安心ってところだけれど、普通に乗っていてそんなことってあるんだねぇ。というか車検の点検でよく気付いたねって感心する。しかもチェーンもリアのドリブンスプロケットもまだ使えるレベルらしくそれらは交換せずなので、気を遣って新品ではなく中古部品で交換してくれたらしい。まあそのうちチェーンの寿命が来た頃に一式新品交換すれば?って薦められた。ハイ、そうします……。

b0061723_00515571.jpg
個人的にはずっと気になっているのがディスクローター。磨耗が規定値に達しています。フィーリングも悪いです。ずっと我慢しています。特にハードブレーキング時、ちょっと心配な挙動をします。

b0061723_00565096.jpg
リアも規定値を下回って一年以上経ちます。リアは特に不便は感じないけど、やっぱりこれはアカンのやろうなぁ…。とっとと交換しなさいよって話なんだけれど、純正パーツの値段を聞いてびっくり。フロント2枚で8万円ですってよ。ブレンボのローターディスクを正規にコーケンで買ってもそれより安いっちゅう状況。なんでも年代違いのデイトナ675/ストリートリプル(無印)の純正ディスクなら2枚で4万円なかばってところらしいのだけど、なんとなくそれもなぁって躊躇しているのですよ。うーん、どうしたもんかなぁ。


 

[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-12-07 22:17 | Street Triple R | Comments(0)
スクリーン装着とリアルダメージ加工
「来週のツーリング寒そうだよねぇ」
「僕はベスパで行くよ。スクリーン付けてればトラより寒く無いし」

b0061723_19280567.jpg
純正のショートスクリーン。
たまにステーの錆を落としたりしながらもう10年以上使っているのだけど、いい加減、錆と戦うのも疲れてきた。ならば塗装しちゃおうよ、と保管してあったものをゴソゴソとひっぱり出す。

b0061723_19315217.jpg
まずは耐水ペーパーで研ぐ。しっかり錆を落とさないと、塗装の下から錆が進行してやり直すはめになるからね。

b0061723_19345596.jpg
塗膜の厚さは控えめを心がける。あまり厚くしすぎると、4つある支持金具が通らなくなりそうなので。

b0061723_19374919.jpg
取り付けのネジも鉄なのであっさり錆びてしまう。錆びたネジの頭を耐水ペーパーで研いだ後、otoboke-yaさんのマニキュアを拝借してペタペタ。ホントはステンのネジに替えたいところだけど、20mmでは良い感じにスクリーンが留められなくて、18mmの皿キャップボルトを手に入れなくちゃいけない。5mm単位のホームセンターのネジだと18mmにボルトを切り飛ばさなくちゃいけなくなるので、なんだか邪魔臭くて純正のネジを使い続けてます。

b0061723_19504613.jpg
塗っている時はこんなところまで黄色にしちゃってやり過ぎかな?って少し後悔してたんだけど、車体に装着してみるとそんなにおかしく無かった。

b0061723_19544857.jpg
上の画像はVespa 946 RED。これよりは馴染んで見えるような気がします。ステーが短いからかな、明るい黄色だからかな。

b0061723_19572386.jpg
はじめはね、このステー部分はメッキをかけようかなって思ってたんだけどさ。このサイズでも最低5000円ぐらいはかかるそうなのよ。前回せっかくボディー同色の塗料を手に入れたのだから、もう塗っちゃえってことで、三日ぐらいで塗装を終え、ムラカミさんちのツーリングに間に合わせた次第であります。

b0061723_20025933.jpg
さて、ツーリング当日。11日19日。
最高気温が10℃ぐらい、山へ入ると5℃ぐらいと、あまりにも寒いので妙義山から富岡へぬけて富岡製糸場を見学しましょうってプランになったのだけど、ここで衝撃の事態が発生する。


 








More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-11-26 22:29 | GTS250ie | Comments(0)
ベスパの黄色を手に入れる
b0061723_20332159.jpg
正式名称はライムイエローっていうんじゃなかったっけな。
このベスパの黄色の塗料が欲しい。というのも走行距離と年月が嵩んでくるとどうしても塗装が禿げてきて、それを放置しているうちに、もう見た目とかどうでもよくなってくるってのは白いGTS300に乗っていてよくわかったから。愛情を持って乗り続けるためにも、いろいろ酷くなる前に塗料だけでも確保しておきたい。しかしこの黄色専用のタッチアップ塗料ってピアジオジャパンでは現在用意していない。ナリカワ時代ならあったのかな?(ビンテージグリーンとかロッソドラゴンとかは在った)ならばと困ったときのタッチアップダイレクトだけれど、これも今は日本で売ってるところがない。そもそも0.5オンス(=15cc弱)で3000円とかする筈で、それを海外から送料かけてとったらいくらになるってんだ。さらにいうと、いずれフロアステップをまるまる塗ったりもできるように100ccとか200ccとか欲しいのに。〈追記:SIPで塗料がラインナップされてる模様。20ccで約1500円、100ccで約9000円。いずれも送料関税など含まず〉

b0061723_20095630.jpg
こういった場合、もう近似色で妥協しちゃうってのもひとつの答え。実際、ウチのトライアンフの「マットグラファイト」はホンダの「マットビュレットシルバー」でほとんど同じに見えるレベルで色が合う。そしてこのベスパの場合はニュービートルの黄色がたぶん一番近いと思われる。上の写真のように、夕方の暗くなってきたときとか、直射日光が届かない鬱蒼とした木々の下とかなら本当に同じ色に見えるのだけど、これが日の当たる明るいところだとちょっと差が目立つ。うーん。妥協してもいいけど、実際ニュービートル用の黄色の塗料を手に入れようと調べてみると量の割にお値段もはるようで、それなりの量を確保しようとするとやっぱり国産車用の塗料よりは高くなる。

b0061723_20531204.jpg
どうしたものかとさらに調べていくと、神奈川県に乗用車(もちろん二輪も)用の塗料で調色だけしてくれるお店があるらしいと知る。その名も塗料のオカジマさんっていう。塗装作業を含まない、調色だけしての塗料販売ってのが素晴らしい。最少ロットは500ccぐらい、お値段もソリッド色なら5000円ぐらい(塗料代+調色代)で済むそうなのです。なんでも目で見て合わせる調色の腕には自信があるらしく、早速ベスパで乗り付けてマスターシリンダーカバーを預けておくと、実際1時間もかからず色を作ってもらえた。(色を合わせるのは難しいことではないけれど、そのスピードに腕の差が出るのは絵描きでも同じ)

b0061723_21115228.jpg
お願いしたのは最少ロットの500cc。それを450ccの缶スプレー(ガスや溶剤で薄めるので実際に封入される純粋な塗料成分は135cc)1本に充填してもらって、残りを大瓶1本と小瓶5本にわけてもらった。

「ひろしさーん、タッチアップ用の塗料欲しく無い?」
「Sクンも買うって言ってんだけどさ、ひろしさんもどうかなって思って」

一人で500ccも必要ないので、同じ色のベスパに乗るSクンと、ひろしさんとでシェアしようと思ったら、ひろしさんはタッチアップなんていらねーよって言う。ちっ、ノリが悪いなー。

b0061723_21273282.jpg
とりあえず、ホントに色が合うのかどうか。
ナンバープレートをずらしたら目立ってしまっていたボルトの頭でテストしてみよう。

b0061723_21311359.jpg
うんうん、ちゃんと色が合ってる。
厳密に言うとこのベスパも9年経ってボディーの色が日焼けしてる可能性がある。ならばボディーの場所でほんのちょっとずつ色が違うかもしれないけれど、常に日の当たってそうなマスターリシンダーカバーで色合わせして、日陰になりがちな車体後部のこんなところでも合っていれば、まあだいたいどこでも合いそうじゃない?合えば良いな。

b0061723_21361267.jpg


 

[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-11-18 22:42 | GTS250ie | Comments(2)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
記事ランキング
検索