Top
<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧
失敗と成功と
b0061723_04090562.jpg
気がつけば10月。うん今年も残り四分の一。

そして黄色いべスパはウチへ来て1年。積算走行距離は20000km。ウチへ来た時11000kmだったので年間走行距離は9000km。年間7000km以内に抑えたいところだけれど10000kmは超えてないので良しとする。

b0061723_04092558.jpg
最低限のメンテをしていて純正を保ってさえいれば20000km時点で問題なんか出ない。強いて言うならサイレンサーが錆びてくることぐらい。駆動系を開けたり閉じたりしなくて良いのは楽だけれど、望んど事とはいえ暇と言えば暇なので、今回はこの錆処理でもしてみることにした。

b0061723_04101243.jpg
ヒートカバーを外してみるとこんな感じ。

b0061723_04111664.jpg
排気が折り返す出口付近が一番高温になるのかな。〈→内部の構造は12年前の記事を参照〉
この辺りのサビはヒートカバーを付けていてもはっきりと目立つ部分。

b0061723_04120357.jpg

エキゾーストパイプとサイレンサーが分割式になったGTS250以降では聞いた事が無いけれど、GT200Lの頃はサイレンサーの付け根側に穴が開いたりしたので、この辺りもちゃんと処理しておきたいところ。

b0061723_04121126.jpg

GTSのサイレンサーの再塗装って今まで何度もしてきたけれど、今回新しい工程を追加しようとホルツの「サビチェンジャー」を用意した。赤錆を黒錆に変化させて、黒錆の皮膜によりそれ以上の腐食を防ぐっていう代物でこれを塗装前に処置してはどうかと思ってね。TRX850に乗ってた頃だからもう相当前からお世話になっていて、審美的にはあまり褒められた仕上がりでは無いものの、処理後の防錆特性としてはそれなりに有効だと思っているのです。

b0061723_04121657.jpg

ワイヤーブラシで赤錆をあらかた落とした後、古くなって粘度が高くなった(何しろ10年以上前のもの…)サビチェンジャーを塗っていく。塗ったそばから赤錆が黒く変化していくのは見ていて面白い。

b0061723_04140849.jpg

この製品の欠点はもともと赤錆が出てないところまで、塗ったところは全て色や光沢が変わってしまう事で、あまり使い勝手が良いとは言えないのだけれどね。

b0061723_04141468.jpg

今までマフラーにこの製品を使ってこなかったのはコイツの耐熱性がどうなのか、また、その後に塗る耐熱塗料との相性はどうなのかわからなかったから。少なくとも耐熱塗料と相性が悪くて耐熱塗装した後下地が崩れてしまうのが一番困るので、サビチェンジャーを塗布後、耐熱塗料を塗る前に三日ほどベスパを走らせ、その後の使用に耐えられるか十分に熱を入れてみることにした。


 


More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2018-10-07 22:43 | GTS250ie | Comments(1)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
canadian onl..
by DouglasDiomi at 23:57
はじめまして、先月からS..
by hanumaru at 16:52
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
LINK
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
検索