Top
<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
いちご摘み放題。
b0061723_2310591.jpg
素人チャレンジ!は完成しました。ぱちぱちぱち。

「ちょっとした工作」といってもあまり前向きな部品なんかじゃありません。
約1年前の歪んだ愛情の末の補修部品なのです。
僕にもっと工作機械があったなら‥‥ダメダメ。
無いものねだりはイケマセン。

b0061723_2314137.jpg
装着してみる。
ちょっと「何か乗っかってる感」はありありだけど、軽さと強度を考えるとこうなりました。
ちなみにもっと華奢な1作目はテスト段階であえなく破損。(というかGTS乗りに壊される)




b0061723_2317659.jpg少しごつめですが機能として、リアキャリアを下ろした時にはつっかえたり盛り上がったりすることなくフルフラット構造を実現。台形フラットパワーは未インストールですが、この上でゴロ寝しても痛くないはず。そうして安眠は約束された。

b0061723_23441298.jpg安眠を助けるためはもちろん、
見た目の一体感を演出するラウンドエンド。
これであなたも年齢を重ねた、
なで肩中年男性に恋をするのだ。


[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-31 00:00 | GT200L | Comments(0)
バフバフ
b0061723_3132454.jpg
いきなりですが、今ちょっとした工作中。
材質はアルミ。アルミサッシのような表情のものでした。

初め、切断面を整えていただけなのに作業中に不思議な欲がむくむく。
んーピカピカにしてみたい。

1000番と2000番の耐水ペーパーでシコシコ。
試しに超極細液体コンパウンド(粒子0.5ミクロンってやつ)投入もこれは意味ナシ。


b0061723_3291731.jpg
仕上げはもちろんピカール。僕はネバーダルとかより断然ピカールが好き。
安い(1つ240えん)うえに扱いやすい。男気だってピカールで磨くぜ。


b0061723_3313614.jpg
ここでキカイのチカラを借りることを思いつく(ナイス自分)
リューターにフェルトくっつければ、もはやバフ掛けじゃない?
サンダーなんて持ってないけど、
このBLACK&DECKERのリューターはなかなかハイパワーだしね。




仕上がりはまさに素人チャレンジ!って感じですが、
コレでも練習次第でそこそこイケルってことが判明したのでした。
小さい部品に限られるんですけどね。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-30 03:48 | GOODS | Comments(0)
夢はでっかく。
b0061723_3202588.jpg
お仕事をしてるといろんな人にいろんな物をもらいます。
しかし、時としてその中にはおかしな物もあるのです。
そして今日、いただいたのがこちら。

黒皮の手帖?

イヤイヤ‥‥
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-29 03:59 | GOODS | Comments(2)
ノコギリべスパ
b0061723_2321145.jpg

ほっかほか。ハイスクリーンと一緒に、おこた?エプロン装備のPX。
かぜっぴきさんにお勧めしたい乗り物です。

別に魚河岸エプロンさえ付ければ何でもいいんだけど。
ネクサスに付けますか?

‥そうですか。
あれはスポーツだから付けないそうです。




そんなことよりこのリアのボックス、すんごいね。
カレー入りのお弁当箱に引き続き、GIVIなんかより圧倒的な積載量です。
今度はなんか、チェインソーなんか入ってそう。
ハンマー、バール、ドリル、トマホーク、ニコン、ジッツォ。
六本木ヒルズをぶち壊す七つ道具が入っているのです。


b0061723_23414220.jpg





どうだい?今度こそ。ブラックGTSに。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-27 23:44 | 素敵マシン | Comments(2)
ナントカ カントカ
b0061723_3264879.jpg
ふー。
影が‥とか、パースが‥とか言わないように。
仕事じゃないんだから、テキトーさ。
勘弁してくださいな。




いやね、何気なく見たこんなニュース
僕は外国語がからっきし読めないのですが冒頭に、

Italian motorcycle maker Piaggio is considering an offer to buy DaimlerChrysler’s troubled Smart unit.

ってあるからピアジオが車のスマートブランドを買い取るオファーを受けたとか、
ナントカカントカ、じゃない?

そのうち成川さんでスマートが買えるようになったりして。
う~ん。それは無いか。。。




◇◇◇

3輪とか4輪のべスパってまだ海外じゃ現役バリバリで売られてるんだね。
ましてピアジオに現行モデルでファミリーカーがあるなんて、知りませんでしたわ。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-26 03:46 | 素敵マシン | Comments(5)
絆創膏
嬉し恥ずかしキスマーク?
あんまり人様に見せるもんじゃないよね。
母親にバレちゃいけない時は絆創膏。
そんな、首に怪我なんかしないよ、普通は。
b0061723_0144825.jpg
せっかくなので、貼ってみた。
あの~。
「SPY」だなんて今じゃ悲しいかな、マジェのアンちゃんのイメージが強いんですけど。
「アラン ミクリ」とかないもんかね。
それに、無造作風絆創膏は唐突だったかも。
更に小さいのをいくつか貼ったほうが良さげです。

って今さらステッカーチューンに突入か?そうなのか?

どうなんかな。
本当は「何もしない」のが一番ですね。かえってソコに目が行くから。
何もしないで「それが何か?」って言わなきゃ。

でも、なんかワクワクしちゃうのだ。
GTはあまりに弄ってないから、こんなことでも変化があってよろしい。




◇◇◇

ちょびっとアメリカライクになってしまったGTですが、ちゃんとしたプランもあります。
いつかドイツから荷物が届いたらね。たぶん。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-25 00:26 | GT200L | Comments(4)
やさしくクチヅケ
「雪がふったあとは、日陰や橋の下り、裏路地、道路の端は気をつけましょう」

ってご親切に黄色好きさんが言ってくれてたからね。
そうね、雪の上は慎重に走りましたよ。

ハイ‥‥軽く逝っときました。

交差点の手前、停止線で止まったところでズル?
何故だー?雪も凍結も無かったゾ。
と、フロントタイヤが「透明の下敷き」を踏んでます<雪降りは関係ないやん!

とっさに右足で支えたんだけど、右足って捻挫した方の足なんだわ。
右足が悪化するのを防ぐべきか。
車体を倒しちゃうのを防ぐべきか。
随分悩む。この間たぶん0.5秒。

でも右足の痛みに断念。

せめては、ゆっくりやさしく、口づけするように。
アスファルトすら愛せよ、GT。

b0061723_019422.jpg

そんな愛のしるしは、こんな感じ。
ボディーが凹まなかったからなのと、過去2回倒れていたからだと思う。
こんな程度じゃもはや僕のリトルハートは痛みません。
不感症になったんじゃないよ。逞しくなったんだ。
何度もシリンダーを焼いてしまう苦行試練に似てるね。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-24 00:35 | GT200L | Comments(4)
カレーべスパ
b0061723_0142823.jpg不注意でGTのエンブレム(フロントのマーク)を破損してしまってから数週間。ノーネーム、ノーエンブレムGTです。たまには浜町のべスパに行ってみるかな?とヒロシさんと二人でお出掛け。

二人ともランナーからべスパになったんだねって、
いまさらに思う。もう、二人はオトナってこと?

b0061723_0253579.jpg
エンブレム、おんなじものはなくってこの通り。<PX用だっけ
四角い段差は目立つし、予想以上にへっこんで見える。
しかもパチンとはめたが最後、簡単には取れん。次回の整備時は破損覚悟の匂いが。

‥‥失敗か?失敗なのだな?

ああそうさ。やらなきゃ判らなかったさ。
薄々は感じてたくせに、躊躇なんてなかったさ。

大丈夫、世の中のGTやGTSが全てこのエンブレムになればノープレブレム。
そういうもんだよね、そう思えば見慣れてきたゾ。




b0061723_040243.jpg
そんなズッコケな一日だったけどそのお店でこんな素敵な車体に出会う。
COSA200は本当にモダン。大好きです。
やや、そうぢゃなくて。

引かれてますよぉ、お弁当箱が。アンタ、どんだけ食うんだよ。
たぶん今日はカレーが詰まってるんでしょ?
b0061723_0504026.jpg

[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-23 00:56 | GT200L | Comments(7)
ユキと名の付く人
受験生の皆様、おつかれさまです。
明日も明後日も諦めないほうがいいと思うな。

b0061723_19574136.jpg
東京もすっかり雪。空も地面も白い。
受験生だけじゃないよね、大変なのは。
郵便屋さんとか配達業は言うに及ばず建築現場だって稼動していた。
すごいね。

そうそうharryさん、今日と明日が引越しだったはず。
大丈夫?

僕も前の世田谷の寝床に引っ越した日はこんな雪でした。
予約していたレンタカーはチェーンが無いから貸せないと言われ、
タクシーを呼んでも来ない。
しかも次の日が解約日だったので延期するわけにもいかず。
テレビとか電車で運ぼうとしたもの(笑
結局職場の先輩に車をだしてもらい、事無きを得たのだけどドタバタだった。
b0061723_204863.jpg
でもね、中国では「雪の日に引っ越すと幸運がやってくる」んだって。
そんな諺だか言い伝えがあるんですよ。と当時、用紙会社のユキちゃんに聞きました。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-22 00:00 | ひとりごと。 | Comments(2)
がんばれ、受験生。
受験生のみなさんにとっては明日から大学センター試験なんだってさ。
もしも今、このブログを見てる受験生がいるとしたら‥‥早く寝ましょう。
明日は雪が降るって言うしさ。

生憎というか幸いにして僕はセンター試験(もしくは共通一次)を受けたことが無い。。。
だからちゃんとアドバイスしてあげられないんだけど、鉛筆は削っていったほうがいいよ。
おニイさんはそれで困ったからね。



◇◇◇

高校生の頃、大学に行くのはかっこ悪いと思っていた。
ぼんやりとなんとかなるでしょ。って思ってたところへ当時仲良くしていた1つ年上の女生徒からやっぱり美大に行くべきでしょ?って諭される。少なくとも私は行くつもりだと。

この時、既に高3の夏。
今から学科を勉強しても国公立は無理すぎるので、学科試験のいらない私大の推薦入試に向けてがんばってみることにする。何をするかというとデッサンと色彩構成。一般的に予備校(関西では主に研究所という)に通って練習したりするんだけど、親には内緒だったので自力でなんとか。通っていた高校は美術専門の学校、教えてくれる人はまわりにいっぱいいるので先生や同級生に手当たり次第に教えてもらう。デッサンなんて高校受験からする機会が無かったのでそりゃあ、ひどいもんでした。

予定では大阪と京都の2校。それを落とすと学科試験が必要な一般入試しか残ってないし、浪人なんて許されそうに無い。そこで僕は考えたのです。こんな時こそ自分に余裕を持たせようと。

その秘策は鉛筆を削っていかないこと。
試験前に会場で削ってやるぜ。
フフフ、なんて余裕な僕だこと♪




そして88年型CBR400RRにその鉛筆やらグワッシュ、
筆洗や画板なんかを括り付けて挑んだ日。
母親に持たされた、串かつとおにぎりをアルミホイルで包んだだけの弁当。
とても底冷えする京都の冬の朝‥‥

通された会場は独特の息苦しいような空気が立ち込める。
「では、デッサンを始めてください」




えええ?
いきなり?

会場に入ってから数十分待たされるんじゃないの?
まだ鉛筆けずれてないんだけどな。

そこへまた天邪鬼がやってくる。
「この30本ほどある鉛筆を全て完璧に削り終えるまでは、描いてやるもんか」

2時間の貴重な制限時間の中で皆が一斉にモチーフを写し取る中、ひとり黙々と鉛筆を削る。5本も削れていればデッサンなんてできるのに、手持ちの30本全て完璧に削れるまでモチーフを見もしない。

いまだに覚えている。あの時のモチーフは「小さな折りたたみイス」「ビニールホース」「ラディッシュ」「じゃがいも」だった。当然ひとり鉛筆を削っていた僕には時間が少ない。加えて構図命だったりひとつ描き終えるまで次の対象を描かない性格も手伝って「ジャガイモ」なんてただのいびつな丸い輪郭だけで終了。あまりのやるせなさに午後の色彩構成を受けずに帰ってやろうかと何度も思う。



なんて言いながらなんとか合格。なんでもその時(倍率1/18だったそうな)合格した人の中で僕のデッサンの点数はなんと最低点!だったとか。その分色彩構成が満点だったのがせめてもの救い。
b0061723_227544.jpg
【ステッドラーの鉛筆】
美大希望の学生に絶大な人気を誇るドイツ製品。
三菱uniやトンボより20円くらい高かったはず。
巧く描けるような錯覚イメージを抱かせる、魔法の一品。
実際僕もこの少し硬い描き味は嫌いじゃないです。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-01-21 04:01 | ひとりごと。 | Comments(2)


カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
検索