Top
<   2005年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧
体感速度ってこと。
三島に行ってきました。東名で言えば沼津。
b0061723_2250103.jpg
三島ってなぜか竹林が多い気がする。
b0061723_22551477.jpg
いまいち季節感の無い竹林に比べ、広葉樹たちは紅葉が始まっているみたいです。
b0061723_22584218.jpg
今日は彼女さんと一緒だったのでGT。
三度めの高速道路なので、随分慣れてこられた模様。
そして、ストレスないスピードまで許可がおりたのでした。



◇◇◇

今更こんなこと言うのもなんですが。。。
彼女さんは東京~那須高原間を下道で2stランナー(しかもアクセルのツキ命仕様)のタンデムツーリングをやってのけた人です。(雨天走行含む。多分僕には無理です。。。)彼女がGTでのタンデム高速道路走行を恐れたのはどうやら、タンデムでの最高速に向かう唸るGTのエンジン音と振動に不安を覚えたんだろうなと思う。そりゃそうだ。僕だって最高速付近でぶっ飛ばすGTの後ろに乗るのは絶対怖い。これがゴールドウイングとかだったら、たとえ160km/hでも怖くないのかもしれないよね。

自分ができないことを強いていたんじゃないかと思ったのでした。ゴメンチャイ。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-31 00:00 | GT200L | Comments(2)
ぬくぬくでほっこり
b0061723_23543757.jpg
「最近、訛りが無くなってきたんじゃねーか?」
って今日アニキに言われちゃいました。

でしょ?
だって東京生活ももうじき9年。
いまいちテレビの6chが日テレなのかTBSなのか即答できなかったりするのですが、
今は全国の天気予報図で無意識のうちに京都を探していたりすることも無く
随分、「旅の途中感」が、無くなってきたのかもしれません。

もう少し、その旅の途中感は大事にしたいけどね。



◇◇◇

アニキがいうには東京に「ぬくい」って言葉がないことが発覚。
でも「ぬくい」って変換すると、「温い」って出るよ?
そうか、アニキのは東京弁なのかもしれないねぇ。東京の暴れ怪獣。

ちなみに彼女さん(東京生まれ、東京育ち)に聞いたところ、
一番衝撃的だった言葉は「ほっこり」なんだそうだ。
これも的確に翻訳するのはむずかしい。
これからも、関西弁翻訳機能は必要なみたい。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-30 00:31 | ひとりごと。 | Comments(5)
キリギリス
b0061723_6362113.jpg

「今しか遊べないから」と、夏に遊び呆けていた人は
これからが大変だったりするのです。
そうです、年末進行に突入です。(今日「おせち料理」の写真をいっぱい見ました)

それでもキリギリスな皆様は根性を見せるのだ。

b0061723_6431445.jpg

ジョディ・ホスターは好きです。
少女の雰囲気ただよっていた時より、今のほうが何倍も好き。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-29 06:52 | ひとりごと。 | Comments(0)
進化
b0061723_3335768.jpgおなじみ、六本木TULLYS COFFEE前。
定点観測ですが、久しぶりに来てみるとなんと!
花壇は無くなってました。

う~ん。

整備のされ方からみると、
もともと、これが完成形であり、
花壇は場ツナギだったのか?


b0061723_343452.jpgこの芝生、人工芝なんだよねぇ。
残念。春先には天然芝に植え替えてもらえるといいのだけど。

日なたぼっこしたい!
サンドウィッチ食べたい!
裸足で芝生をむしりたい!
ごろごろ、転がりたい!
(ゾーブは無しで‥)







b0061723_3475846.jpg
その人工芝にはなんと、モノリスが!!!
いや、ただのサインプレートなんだけどね。

ぱー、ぱー、ぱー、ぱぱーん。
どん、どん、どん、どん、どん、どん、どん、どん。ぱー‥(以下略)

b0061723_3513094.jpg
少し進化しちゃった気がします。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-28 03:58 | 六本木だより | Comments(2)
コケないとわからない人
b0061723_240734.jpg
通勤なのに転倒。あはは。
ちょっとくるぶしを打ったぐらいで体も自転車も大丈夫なのでご心配には及びませんが。

休日は雨が降ってたら自転車には乗らないもんだから、濡れた路面が新鮮で‥‥

スリッピーな分だけ練習になるじゃないの?
と、広めの誰もいない歩道でいくつかのトライをしていると、止まらないんだな、コレが。
コケるまで黙々と、ね。

b0061723_2513545.jpg
良く見るとペダルのピンが随分無くなってるなぁ。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-27 03:01 | ちゃり | Comments(2)
そしてマグザムは列車になった
b0061723_313151.jpg
少し躊躇してます。
これから東京モーターショーに行く予定のひとが、
これを見てしまって新鮮さを失ってしまわないか。

なので、モーターショーに行くご予定の無い人だけ、
↓ぽちっと。

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-26 02:45 | ひとりごと。 | Comments(4)
誰も寝てはならぬ
な~んか、今までサボってきた仕事のツケがまわってきたようです。
まだまだ過密ではないけど、隙間なく予約が入ってるような状況。

なのに、なのにだ。

いきなり深夜にスタートレックが流れてたりするのです。

b0061723_355109.jpg
今日のヒロイン。

b0061723_3555452.jpg
一目ぼれした彼と、

b0061723_3561052.jpg
元夫の彼との三角関係。

b0061723_415415.jpg
助言する友人。



       :
すったもんだの末、恋は実り、


b0061723_412575.jpg
あげくこの二人はくっつき。

b0061723_433268.jpg
知らないうちに、不倫してるし。
まるで24世紀のビバリーヒルズ高校白書。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-25 04:08 | ひとりごと。 | Comments(5)
冬のひかり
まだまだ寒いってほどではないのですが、お日様のライティングはすっかり冬のもの。
空気が澄んでいるような、日が高く上がらない時期独特の空気感になったものだなあ。と感じた日でした。
b0061723_0494475.jpg
なんでしょう、シチューの文字が写ってますね。

b0061723_0564438.jpgそーです、こんな日はシチューが食べたいね。ということになり、「銀の塔」というシチューの旨いお店に行ってきました。(東銀座にあります。→tel.03-3541-6395)僕は初めてだったのですが、どうもシチューとグラタンのお店らしい。どちらも寒い日にはうれしい食べ物。




もちろん、当初の欲求に正直にビーフシチューをオーダー。
(牛タンシチューで有名だったお店らしいのですが、今の状況により牛タンは無く。)

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-24 01:16 | ひとりごと。 | Comments(3)
モーターショー、勝手にMVP。
b0061723_0241143.jpg

東京モーターショーに行ってきました。
人ごみ苦手だし、ネットのお陰で新製品はだいたい知っちゃってるしなあ‥
と思いつつも、一度くらい見てみてもいいかな、と。
b0061723_0264833.jpg

かっこ良かったのはこのDUCATIのスポーツクラシック、ポールスマート1000。
ただ、思ったよりでっかい。そして、ハンドルは低いだけじゃなく、遠いのです。
999なんかと比べても前傾姿勢はつらい。
遠いわりに最新SSなんかよりハンドルが絞られてないその感じにクラシックを感じる。
また、黄色いタンクがまぶしいスポーツ1000より、こっちの方がきれいだと感じた。
ちなみに予約は2年先まで埋まってるんだそうだ。。。

さてさて。
今回展示してあったバイクの中で、一番惹かれたバイクはこれじゃなくって‥‥

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-23 01:36 | 素敵マシン | Comments(2)
キリギリス・バッタ色
中学生の頃、バイク教師がいた。
学校にはロスマンズカラーの最新型NSR250でやってくる。
時には皮ツナギで。。。

中学校まで5分のところに両親がお世話になっていたバイク屋さんがあった。で、僕もそこにエアクリを交換しに親父のTL50に乗って行ってたら、その先生がパンク修理にやってこられる。ハイ、鉢合わせです。しかし、担任にも警察にも報告しないでいてくれた、珍しくもの分かりのいい先生だった。
その時パンク修理に乗って来られたのは下駄だと言って乗っておられたカワサキのAR80なんだけど、その人は愛情を込めて「キリギリス・バッタ号」と呼ばれていた。だから、カワサキのライムグリーンを見ると今でも「キリギリス・バッタ号」を思い出す。
b0061723_23333528.jpg
その人の担当教科は数学。
円周率の語呂あわせ(産医師、異国に向こう産後、薬無く、産婦みやしろに、虫さんざん闇に鳴く‥‥以下ずーと続くが覚えちゃいない)を教えてくれたり、英語圏では3.14を覚えるためだけにYes,I haveと覚え、そのアルファベットの数を数えるらしいことだとか話はおもしろい人だった。
その分、数学の教え方自体はお世辞にもうまいとは言えなかったけれども。

そんな数学の教師は実は国際A級ライダーだと言う。バイクの話を始めると、丸一時間、授業がつぶれたものだった。今思うと、京都の中学の教師と国際A級ライダーがどうも結びつかないんだけどね。もはや真意の程を確かめる術はないのだけど、ノービス時代の苦労話や、クラッシュさせたバイクのチタンのネジを持って帰ろうとしてメーカーの人に怒られた話や、プロとしてお金を稼ぐのはとても大変なことや、テストライダーとして開発中のレーサーに乗ったけど、それはおかしなところにガソリンタンクがあるバイクだった(企業秘密だからと軽く口止めされたっけ)とか、これからのバイクの方向性、低重心のメリットとデメリットを黒板で図説してくれたり等等、やけに説得力があったのだ。

だから、今も信じてたりします。
80年代当時は教師と掛け持ちでそんなことができる穏やかな時代だったのかもしれないし、他の教師より授業の担当時間少なかったし。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2005-10-22 00:55 | 色のハナシ | Comments(0)


カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
記事ランキング
検索