Top
カテゴリ:Street Triple R( 44 )
サンスタープレミアムレーシング
b0061723_19012171.jpg
一年以上前から規定値を下回り、フロントにおいてはハードブレーキング時、「メキメキメキメキ」とか「ミチミチミチミチ」みたいな怪しい音がしていたトライアンフのディスクローター。さすがにこれ以上は命が危ないってことでようやく交換する事にした。トライアンフ純正部品だとフロント二枚で8万円、ならばブレンボローターの方が安いねって話だったのだけど、サンスター製の社外部品がさらに安く手に入ったのです。

b0061723_19115971.jpg
サンスターのプレミアムレーシング。5.5mm厚のセミフローティング。ホール&スリットタイプ。純正と同じサイズなのでキャリパー側をシムで調整する必要が無いのがいいところ。純正と比べるとインナーローターが削り出しで見た目格好いいね。

b0061723_19235102.jpg
ディスクローター単体の変化を知りたかったので、同時交換したパッドは直近で使っている「程々にしか効かない」RKのメガアロイX。さらにいい機会なのでローターボルトもプロボルト社のステンに交換。チタンの2/3にしか値段が下がらないけど、FとRで14本も必要だからねぇ。ステンなら純正ボルトより安くなる。

b0061723_19334424.jpg
リアのローターは確かCBR600とかと一緒。なのでフロントと違いディスコンする心配もなくamazonポチー。

b0061723_20455976.jpg
さて、先週日曜日。6月17日。ビーナスラインを走ってきた。

b0061723_20481918.jpg
梅雨ど真ん中。一週間ぐらいグズついた天気だったけれど、この日長野方面は快晴。
いきなり雨天時のブレーキの効きに関するレポートにならなくて一安心。

b0061723_20504226.jpg
しかし、だ。北側から入って美ヶ原北側入口までのラフでタイトな区間は少しペースを上げてみたものの、そもそもビーナスラインなんてものはそんなにかっ飛ぶような道じゃ無いと思うのですよ。

b0061723_20544895.jpg
通常比較的交通量が多いし、ガードレールなくて危ないし、何よりこんな観光道路でタイヤが鳴き出すまでハードブレーキングするなんてダサいというかさ。そんな人いない道路。ゆっくり流しながら優雅に景色を楽しむべき道だと思うわけです。

b0061723_20572210.jpg



◇◇◇

1日中ちんたら走っていたので、ディスクローターに関してインプレできるレベルには無いのですが…まだちゃんとパッドのアタリも出ていない状態であえて一言いうなら、いたって普通のディスクローターな気がしてます。すごく食いつきのいいローターって交換してすぐわかるものだと思うのだけど、コイツはそういう感じでは無い。普通&普通。板厚が純正の4.5mmから5.5mmへと増えて、熱が入った時の許容量みたいなものは上がっているはずなんだけど、そういうのは1時間とかみっちり走りこまないとわからないしねえ。

と、まあなんとも締まらない、在っても無くても変わらないグダグダなファーストインプレッション…。ちゃんと走り込んだ時にまたインプレしたいと思うけれど、そんなの忘れてしまうような気もしてます(笑。


 

[PR]
by la_nuavo_vespa | 2018-06-23 21:27 | Street Triple R | Comments(0)
Biltwell TORKER
b0061723_02083423.jpg
ウチのトライアンフは初代、つまりMY2009のストリートトリプルRなんだけど、実際には2008年登録なので今年末で10年になる。まだ10年だけれど、10年なりのヤレ感みたいなものも感じることが多くなってきた。風合いが出てきたと肯定的に捉えたいところだけれど、実際に不便に感じる部分もチラホラある。

b0061723_01193370.jpg
そのうちの一つがグリップ 。
ゴムがね、ツルツルでカチコチのプラスチックみたいになってきているのです。しかもなぜか断面が六角断面のようになってきて握りごこちも良くない。雨の日も滑りやすいので交換することにした。

b0061723_02211092.jpg
普通に純正品で交換するのもワクワクしないので、ブリティッシュビートで展示販売してたBiltwellのTORKERをチョイス。

b0061723_03262234.jpg
Biltwell。スポーツバイクにしか興味のないひとには馴染みが薄いかもしれないけれど、主にハーレーなどのオールドスクールなオートバイ業界では有名どころらしいアメリカ製品。基本ハーレーに向いたブランドなので、グリップも1インチハンドル用が常にラインナップされる。というか1インチ用がメインで、ついでに7/8インチ(22mm)をラインナップしてるって勢い? 外径が同じならば7/8インチ用は1インチ用に比べゴムの厚みがたっぷりあるんじゃなかろうかと。

というのも、ロングツーリングで長時間高速道路を走っている際、もう少し振動を抑えられたら手が痺れなくていいのになって思ってた。もしグリップ替えるならもう少し柔らかいものを試してみたいってね。特に夕方3時に神戸を出発して日付が変わる頃東京に着いた昨年は強く思った記憶がある。そして普通ならプログリップとかドミノ、アリートのツーリング向けコンフォートグリップがファーストチョイスだろうけれど、今回はイメチェンも兼ねて思い切って趣の違うBiltwell、それもチョコレートという濃い茶色を選んでみた。

b0061723_03355329.jpg
さて。実際に走ってみての感想などを。まず振動は低回転から高回転までかなり抑えられた。以前、片側500g近い特大バーエンドを付けてみたことがあったけれど、あの時と比べても細かい振動が伝わってこない。あの時のバーエンドの重量増加はあまりいい結果が得られなかったので、今回バーエンドは取り去ってしまったのだけれど、それでも雲泥の差。むしろステップやタンク越しに伝わる振動はそのままなのに、ハンドルから伝わる振動だけが減ってしまって違和感を覚えるほど。人間、無意識に体に伝わる振動で回転数のおおよその目安にしてる部分があると思うのだけど、この感覚がリセットされる印象ですごく新鮮であります。

b0061723_03562533.jpg
ハーレーのビックツインエンジンの振動を抑えたいって目的からきてるのか、ゴムの質が柔らかいってのも影響大なのかも。割とプニプニしてる。つまりその分耐久性は低いってことになるのだろうけど。イマイチなのはやはりグリップ外径が太くなってしまって操作性が少し落ちたことかな。純正の直径が実測で31mm、今回のBiltwell TORKERが35mm。(ちなみにドミノ製の初期型ベスパGTSは32mm)どちらかというと細めのグリップが好みな僕としては残念な部分。コーナリングマシンとして付き合うならちょっとコレはないなって感じ。でも振動を抑えられてるのはこのゴム厚のおかげなので、そこにダメ出しすると今回の目的を否定することになるので今は考えないことにした。

b0061723_03562998.jpg
Biltwellは内長121mm。トライアンフ純正は内長123mmなので、まあだいたい許容範囲で収まるはずなんだけど、トラのスロットルチューブのリブを削ってないので、ちょっと隙間が空いてる。まあ今回はお試しのつもりなので、次にグリップを交換する時にはちゃんと加工してツラが合うようにします(笑。

b0061723_03563378.jpg
あとは見た目的に。モノトーンの車体にいきなり茶色を加えてしまって、それがシートならまだしもグリップってのはなあ。唐突でイマイチな気もします。今流行りのモダンクラシックな感じで新鮮じゃなかろうかと思ったんだけど、シートまで同じ茶色にしないと素敵じゃないね。無難に黒にしとけば良かったね。


 

[PR]
by la_nuavo_vespa | 2018-05-02 22:40 | Street Triple R | Comments(0)
トライアンフにホンダを載せる
b0061723_22572024.jpg
軽くて小さく折りたためて完全防水。そう、ベスパでもトライアンフでも泊まりのツーリングでは大活躍のヘリーハンセン。<→以前の記事> しかし、だ。トライアンフに括り付けると時折使いにくさを感じていた。ガッチリ固定すると荷物を取り出しにくいのです。

b0061723_21555135.jpg
(写真は昨年のロングツーリング。丹後半島の伊根町)

例えば体温調節のためにインナーダウンを取り出したり収納したりしたいのに、いちいち固定用のタイダウンベルトを緩めるところから始めなくちゃいけない。荷物の出し入れが非常に面倒臭いのです。不便すぎてもう宿から宿まで開封しないってこともしばしば。うーむー。専用のバイク用品として売ってるシートバッグならこんなことにはならんのだろうなって思ってた。お泊まりバッグをベスパと大型バイクで共用しようってのは無理があったんかな。よし、今年のロングツーリングももうすぐだし、この際ちゃんとした専用のシートバッグを買ってみようか。

b0061723_23431849.jpg
専用品じゃないバッグをベルトで括り付けるっていうのも、見た目の風情があって好きなんだんだけどね。旅人っぽい雰囲気があってさ。

b0061723_00492283.jpg
さて。現行CBR250R用というホンダ純正パーツを買ってみた。品番:08L56-MGM-800A(バッグ本体)と08L70-K33-J00(専用ハーネス)。

b0061723_01222587.jpg
なんでもCBR250Rだけじゃなく、CBR125RからCBR400R、CBR650F、CBR1000RR用と現行の各排気量のCBRの(ハーネスだけ付け替えて?)純正オプションに設定されているものらしい。


 


More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2018-04-10 20:05 | Street Triple R | Comments(0)
四回目の車検
b0061723_23484747.jpg
最近モミジの紅葉よりイチョウの色づきの方が心に響くようになったかも。
毎日走る皇居から溜池までの六本木通り沿いも丁度良い頃合い。
今年は去年より早めかな。

仕事は今年の年末進行もなかなかのもので、目が回りそうです。
それにしても12月かー。もうすぐ正月じゃないか。焦る焦る。

b0061723_00000132.jpg
ベスパの話が続いて触れてなかったけれど、ウチのトライアンフも11月初旬に車検を通した。そう、ベスパは通せなかった四回目の車検。つまり登録後9年経過。

b0061723_00335035.jpg
ノーマルマフラーに付け替え、シートにベルトをくっつけ、車検を通してもらう為にディーラーへ電話連絡し、いざ出発しようとしたら、タイヤが終わってるじゃないか。最近乗っていて、グリップしなくなったなぁとは思ってたけど、車検どころじゃない減り具合だったので、慌てて近くのタイヤショップに寄る。上野にあったタイヤに強いSP忠男が最近浅草に出店したのを知っていたのです。しかも家から歩いて五分ぐらいの立地なので交換作業中に家に帰れる。素晴らしい。

b0061723_00072765.jpg
今もやってるのか知らないけれど、ここんちってタイヤの試着(!)ができるお店で、交換したものの、なんか違うなって思ったら安く他の銘柄に履き替えてくれるという驚きのサービスがある。(そんな商売やっていけるのか心配になります)まあタイヤなんて乗り込んで行くと印象は変わるもので、他の銘柄に交換してもらえる限界の距離(100kmだったかな?)では何も判らずじまいだろうとは思うのだけどね。

そして今回もメッツラーのM7RR。やっぱりブリヂストンのS20よりライフは良いと思う。磨り減って終わりかけでもブリヂストンより段減りしにくく、フィーリングの落ちも緩やかなので、ついつい最後まで使おうって気になる。あとフロントとリアがきっかり同時に終わるってのも地味にお財布に優しいのでお気に入り。

b0061723_23363574.jpg

さて、車検そのものは前回と違い、大きな整備はプランに入れていなかった。(前回はフロントフォークオーバーホールを含め交換部品もそれなりに多かった)しかし、一カ所問題があったらしく、「フロントのドライブスプロケットが緩んでダメになってたので交換しときました」との事。幸いシャフトにダメージは無かったので一安心ってところだけれど、普通に乗っていてそんなことってあるんだねぇ。というか車検の点検でよく気付いたねって感心する。しかもチェーンもリアのドリブンスプロケットもまだ使えるレベルらしくそれらは交換せずなので、気を遣って新品ではなく中古部品で交換してくれたらしい。まあそのうちチェーンの寿命が来た頃に一式新品交換すれば?って薦められた。ハイ、そうします……。

b0061723_00515571.jpg
個人的にはずっと気になっているのがディスクローター。磨耗が規定値に達しています。フィーリングも悪いです。ずっと我慢しています。特にハードブレーキング時、ちょっと心配な挙動をします。

b0061723_00565096.jpg
リアも規定値を下回って一年以上経ちます。リアは特に不便は感じないけど、やっぱりこれはアカンのやろうなぁ…。とっとと交換しなさいよって話なんだけれど、純正パーツの値段を聞いてびっくり。フロント2枚で8万円ですってよ。ブレンボのローターディスクを正規にコーケンで買ってもそれより安いっちゅう状況。なんでも年代違いのデイトナ675/ストリートリプル(無印)の純正ディスクなら2枚で4万円なかばってところらしいのだけど、なんとなくそれもなぁって躊躇しているのですよ。うーん、どうしたもんかなぁ。


 

[PR]
by la_nuavo_vespa | 2017-12-07 22:17 | Street Triple R | Comments(0)
Chaft IN574
b0061723_2222521.jpg
4月30日はところで、氏の聖誕祭が盛大に執り行われる。
筈だったのに……車に追突されました。
右折しようと信号待ちで停車してたんさぁ。
そこへ後ろからきたハイエースが何故か押してくるんさぁ。
精神的にじゃなく物理的に、だ。物理的な猛プッシュ。
モテる(ハイエースに)オトコは辛いね。

b0061723_2223336.jpg
ゴールデンウィークがはじまったばかりだってのに……。
なんてこった、どうしてこうなった。おそるべし厄年。
誕生日になった途端、逃がさないよ?とばかりに僕の平穏な日々をゴリゴリ削ってきやがる。
ヤツらにはノルマでもあるのか?仕事熱心過ぎやしないか?虫歯跡の詰め物がとれて始まった、
歯医者通いもようやく終わったところで……コレだ。

事故自体は述べた通り、4月30日。
今日は6月10日。はい、トライアンフはまだ直っておりません。
過失割合は10対0、相手もちゃんと保険に入っていたから金銭的な問題はないのだけれど、
問題はマフラーとフェンダーレスキットの在庫が日本に無いこと。
それぞれドイツとイタリアから海を渡ってやってくるのを待ってる状態。
こればっかりは、仕方が無いね。待つしかないね。
大雑把にいうとRの2009〜2012年式ってヤツだから型落ちして4年?
純正部品は当然まだまだ全然大丈夫だけど、
社外品は順当に日本から姿を消えていってる感じがする。

b0061723_22365717.jpg
幸い怪我もなく、そもそも車体を倒してしまったわけでもない。
シートレールが逝ってるようでもないようだ。
そんな程度なんだけど、事故後の移動中にエンジンがかからなくなってしまった。
状況としてはキーを回しても燃料ポンプが起動する音がせず、
メーターもバックライトがつくだけで文字は表示しない。もちろんセルも回らない。
どうせマフラーとフェンダーレスキットが届くまで暇で暇で仕方が無いので、
(そもそも1、2週間でカタがつけばBlogネタにしなかったと思う。楽しげな話でもないしね)
できることは自分でやろうとゴソゴソ始める。

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2016-06-11 00:33 | Street Triple R | Comments(0)
なんでも小顔がもてはやされるわけではない。
b0061723_1759841.jpg
前回ストリートツインのインプレ記事をあげましたが……絶賛しているのですよ、あれでも。
しかし仮に今のストリートトリプルRの乗り換え候補と考えるならば、
今年モデルチェンジするスピードトリプルがいいなって思う。

b0061723_18181122.jpg
普通に考えれば、次にモデルチェンジするストリートトリプルに期待するべきなんだけど、
今の675エンジンじゃなくなってしまうので、たぶん僕は好きになれないと思う。
それに既に現行モデルでマフラーが二本出しではなくなってしまったのが、正直いうとがっかりだ。

「オートバイのマフラーは二本出しこそが最高だ」
「それが例え嵩張り重くなったとしてもだ。二本出しこそロマンである」

という、極めて偏った考えを持っているのですよ、ハイ。

b0061723_1985195.jpg
うん、やっぱり二本出しアップマフラーは格好良し(笑。
乾燥重量が192kgもあるので同167kgの今の愛車と同じようには使えない。
そもそもコイツは140万円。さすがにオートバイに140万円は出せないなぁ。
うん。乗り換えるなんて無理だった。はじめから夢だった(笑。

しかし、いろいろ格好良くなっていて眺めてるだけでも楽しいのだ。

b0061723_18392530.jpg
個人的に一番惹かれるのはシャープな印象になったヘッドライト周り。
今までの五角形ライトは大きくて間延びしたスタイルになっていて、
アレならベーツタイプの丸目の方がいいなぁって思ってたんだけど、
これならモダンさとクラシックさが良いバランスで同居していて、
ようやく時代にマッチした素敵な見た目になったと思う。

b0061723_19184217.jpg
具体的にはレンズ内の、必要なリフレクター部分以外をブラックアウトしてるのが効いてる。
リムの色を暗くしたのもいい感じ。

「目の周りを黒くすると小顔に見える」と。

確かにベスパGTS250→GTS300でもこのヘッドライトの黒の縁取りは印象深かった。
ならば、我が愛車も真似してみたらどうなるんだろうって疑問が沸々とわき上がる。
とはいえ、レンズ内を弄りたくは無いのでお手軽にライトのリムだけブラックアウトしてみよう。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2016-02-14 20:50 | Street Triple R | Comments(0)
三回目の車検 ストリートトリプルR編
b0061723_02144053.jpg
ベスパと同じくトライアンフも今年は三回目の車検。
車検時の煩わしさを少しでも軽減できるように、
平たく言うとノーマルに換装するパーツが一つでも少なくなるように(笑。

ーーそんな軟弱なことを、常日頃から考えているんだけど、
果たしてシビエの凸型レンズはすんなり光軸検査に通るのか?
今までリゾマのミラーは純正ミラーに付け替えてたけど、そのままでも認められるのか?
不安を感じつつ最低限の準備だけでディーラーに持っていくことにした。


 


More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2015-11-18 02:02 | Street Triple R | Comments(0)
M7RRとメガアロイX
b0061723_23504646.jpg
〈7月19日 伊豆スカイライン〉


まだ10月なのに、ウチのトライアンフは平均年間走行距離を超えてきた。
だいたい6年も同じバイクに乗ってると飽きがくるというもの。
それが6年目にして、今までで一番走ってるというのは喜ばしいかぎり。


b0061723_00581.jpg
〈8月15日 奥多摩周遊道路〉


夏にタイヤの銘柄をメッツラーのM7RRにかえてみた。

016、016pro、S20とストリートトリプルではブリヂストンばかり履いてきた。
それは、新車時に履かされていた同クラスのダンロップに比べて持ちが良かったことと
雨と低温時のグリップが意外と良いこと。そして何より安い。
あえて変える必要を感じなかったのです。
マイナーチェンジごとの進化も確かめたかったしね。016proからS20になる時とか、
低温時のグリップ感が明らかに良くなっていて、感動したものです。



 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2015-10-24 22:28 | Street Triple R | Comments(0)
待ってろ東北
b0061723_1945861.jpg
さて、前回のつづきをはじめよう。
と言っても、フェンダーレスキットは車種専用ポン付けパーツ。
なにも二回にわたってブログにすることでもない気がするけれど、
自分自身の備忘録として書き記しておく。

b0061723_20475386.jpg
フェンダーレスキットのウインカー取り付けネジやベースプレート取り付けネジが皿キャップボルト。
2.5mmや3mmのヘキサゴンなんて車載してないし、舐めそうで使いたくない。
しかもこれがまた軟らかそうな鉄。

b0061723_213671.jpg
整備性をあげるべくステンレスの皿ネジ(プラス)に変更しておく。

b0061723_195539.jpg
次に、このウインカー。
デビルブリンカーにはクリアタイプとアンバータイプがあって、これはクリアタイプ。
クリアといってもバルブに色がついてなくて、レンズの内側にもう一枚オレンジのレンズがついてる。
そのバルブに色がついてないってことのせいで点灯した時の色味がちょっと白いのです。
点灯した時に光が漏れてるような、均一にオレンジ色じゃないっていうのかな。

リフレクターにもレンズにもカットが入ってなくて、
そのおかげで瑞々しい外観を得ていて素敵なのだけど、
この点灯した時の色味だけはなんだかちょっと納得いかないのです。
車検を通すにも不安が残る。

b0061723_20101270.jpg
ということで、バルブを着色。
問題はこのバルブが普通の電球ではなくて、ハロゲンってこと。
ハロゲンに着色してしまって大丈夫なのか?焼けそうだけど?
まあダメなら落とせばいいかと現在のべ10時間ぐらい乗ってるけど、今のところは大丈夫だね。
明滅するバルブだからそんなに高温にならないってことなんかねぇ。



b0061723_20292722.jpgリアと揃えてフロントもウインカーを変更しているのですが、フロントには厚さ4mmのラバー製のカラーを追加してる。このバイクの場合、そのままだとラジエターカウルに微妙に隠れてしまうようだったので。もともと首の長さ(取り付け面からレンズまでの距離)が22mm以上のウインカーを選んどけば、その必要はなかったね。しかしとりあえず、これで車検は通りそう。ふう。



 

さらにナンバー灯と浸水問題について
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2015-04-30 21:36 | Street Triple R | Comments(0)
お尻の変更
b0061723_1852181.jpg
4月19日、日曜日。西伊豆にて。
松崎から牧場にぬけるタイトな県道59号も楽しかったけれど、も。

b0061723_20473773.jpg
今年のバレンタインデーに命名されたという「手をつなぐみち」。
恋人岬をおっさん5人で歩くことに。

なんてことだ、どうしてこうなった……。
命名したひともおっさん5人で歩いて欲しくはなかろうに。

b0061723_21132537.jpg
うむぅ。
所帯持ちである僕とSクンは自由な恋愛ができない身。手はつなげないよね。仕方が無いよね。
残りの独身者三人(のおっさん)で互いの尻を追いかけてもらいましょ。

b0061723_21242293.jpg
そして僕はトライアンフのお尻を写真に撮る。
最近では珍しくカメラを持って来てるのだ。
カメラで執拗にお尻の写真を撮る。
なんて誤解を招く言い方か。

b0061723_21162352.jpg
フェンダーレスキットを投入してみたのです。
短めのBodisのサイレンサーを着けてから、なんだかナンバープレートまわりとのバランスが崩れたような気がしてならなかったのですが、しかし、こういうキットってガキっぽくなるんじゃなかろうかとやきもきしていてさ。ちょっと写真に撮って確認していた訳です。

ということで、今日はそんな話を。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2015-04-20 18:05 | Street Triple R | Comments(0)


カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
記事ランキング
検索