Top
100年前なんてつい最近?
b0061723_043377.jpg
先々週買ってきた雑誌。
ひとりでにわかに盛り上がった時計ブームは機械式時計へと向かい、
その構造への関心を経て、その歴史にまで及びだしているとかいないとか???

あはは、ウソウソ。別に複雑な超絶機械に惹かれるなんてことは全く無いんだけど、
初心者としては、そのムーブメントを見てどういうスタンスで作られた機械であるのか、
例えばハイビートで正確に動くとか、負荷を減らして孫の代まで使えるようにとか
その程度で良いので、ムーブメントを眺めて作者が何を考えて作ったのか
感じられるようになったら、きっと凄く楽しいんだろうなと思う。

長くオートバイに乗ってるとエンジンの排気量やレイアウト、着座位置や姿勢なんかで、
実際に乗らなくても大体の見当がつくように、そういうことってあると思うのです。




「何読んでるの?」
「楽しい?」

otoboke-yaさんがいう。
一瞬オタクだと思われるかな?と、かすかに後ろめたさのようなものを感じたけれど、大丈夫。
ヤツだって相当アチラ側なはず。伝統旅館建てるようなひとに、
オタク呼ばわりされる筋合いは無いし、逆にそこが彼女の良いところでも在る。

それにこのひと、アンティークとか嫌いじゃないタイプなので、「いやね‥‥」って話ができる。
意外とそういう女子って少ないので貴重といえば貴重かも。


 




 
 
彼女の仕事柄「100年前のものを新しいと言ってしまう種類の英国人」と会う機会が多いから、
かの国の歴史的なものを永遠に存在させていくその努力に惹かれるのか?
いやーそれはどうだろう。彼女、日本史はもう壊滅的にわかってないよ。
アニキとはこれっぽっちも話出来ないと思う。

たぶんそれよりすぐなんでも凝ってしまうその性格が彼女をそうさせている。
そんなだから書棚からいきなりこんなムック本が出てきたりする。




b0061723_1255975.jpg
平成4年3月10日発行 ギター・マガジン3月号別冊とある。
中には各モデルの年代ごとの移り変わり(素材や各部の詳しい解説まである)や、
社の歴史からギター職人へのインタビュー、パテントの内容まで載っている。

念のために言っておくけれど、彼女はマイ・ギターを持ってるわけでも、
ギターが弾けるわけでもない。僕も特別ギターに興味は無いので、
我が家に何故こんな本があるのか不思議になってくる。なぜなぜ?




聞くと少女時代、全盛期のユニコーン、いや奥田民生に嵌っていて、
彼の弾くそのギターはなんじゃらほい?って調べたんだそうです。
「いんや~この色艶が堪らんのよね~」って弾けないのに悦に入ってたとかなんとか。
んー。よく判らん。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-02-20 02:01 | 勘違いの時計ブーム | Comments(5)
Commented by ori2yellow at 2008-02-20 11:21
おおー!!
夫婦揃って「お宅街道ばく進」か?

だんだん、レマニアとかゼニスとかが欲しくなってくるでしょ。

トラ目のレスポールを買うってのも手だと思うよ。
Commented by ところで、 at 2008-02-20 14:40 x
うーん。クロノグラフとかより、小さく緻密な機械が
静かに、でも正確に動くものに惹かれるかなぁ。。。

トラ目の美しさについてはotoboke-yaさんも(たぶん木工的観点で)熱弁してました(笑。
Commented by hidoiya at 2008-02-20 18:14
オタクって言葉に反応します
オタクさんは私にとって尊敬に値します
好きなことにのめりこんでいけるって素晴らしい^^
秋葉のオタクさんだって、リスペクトします
Commented by jinxsuz at 2008-02-21 01:00 x
整備性に関してが主な着眼点なんですけど、
中いじってると、素材選びやレイアウトに作成時の意図を感じますね。
もちろん「えぇー」ってのもありますけど。
機能美、好きです。
Commented by ところで、 at 2008-02-21 01:27 x
そうそう、そんな感じ。
プロほどじゃなくても、写真を見ていろいろ想像できたら楽しいと思うんですよね。
あくまで理想なんですが。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< お仕事はかどってますか? 確認事項 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
記事ランキング
検索