Top
悲しみを乗り越えて。
b0061723_050567.jpg
「その書体はナチスのイメージがあるんで避けた方が良いのでは?」
あるWEBデザイナーの意見。




ああ、まだそういうこと言うのね‥‥。
来月スイスに持っていくポスターの仕事なので配慮が必要では?と助言を戴いたので、
丁寧にお手紙を返したのだけど、ちらほら聞かれるハナシ。

このBlogで難解な仕事の話はしたく無いし、たぶん面白い話じゃないと思うのだけど、
ホームページでタイトルに使っているのが正にこの書体の仲間なので、
誤解の無いようにできるだけ噛み砕いて書き記しておくことにします。



 
 

この書体、『フーツラ【Futura】』(フツーラとも)といいます。
第一次世界大戦後の動乱のドイツで作られた書体。
そう、バウハウスのあたり。

第二次世界大戦後、ドイツそして忌まわしきナチスを連想させるというのが、
そのWEBデザイナーの意見の源。実際そう話す人がいるし、そういった負の遺産を課せられた部分ってのはある。(他のドイツ製品だって同じ事ですが)
しかし、作者(パウル・レナーという)は反ナチス的人物であり戦後、最後までナチスに抵抗していたことが立証された筈でバウハウス(ナチスによって閉鎖に追い込まれたようなもの)を含む当時のアバンギャルドってむしろ反ナチス的イメージの方が強いのだけどなぁ。
もしそれを言うならブラックレター(ドイツ語は大文字の占める割合が多いので伝統的に使われていました。またある時期まではプロパガンダで使われた)だったら使う用途には気を配らなくちゃいけないと思っていますが、これほどまでに全世界的に有名な、使用頻度の高い書体を取り上げて今の時代にソレを言うのはナンセンスだと思うのです。

例えば二輪だったらBMW、四輪だったらフォルクスワーゲンに対しファシズムを思い起こす人が今どれほどいるのだろうか。アルファロメオモトグッツィを見てムッソリーニとか、ミツビシカワサキを見て東条英機とか‥‥。

ちなみにフォルクスワーゲンは実際にこのフーツラという書体を使っています。あの社名はその書体。昔の敵国フランスのルイヴィトンだってこの書体ばっかりです。また悲惨な迫害を受けたユダヤ人の国、イスラエルだってこの文字が普通に使われているそうです。

もちろん、日本人が考える以上にヨーロッパ諸国での欧文書体に関する歴史や時代背景からくるイメージが強いのは確か。外国人デザイナーが日本の公文書に勘亭流を使おうとしたら、僕たちは止めたくなるのと同じように。だから何も知らずにお仕事しちゃいけないのですが、時折その恐怖心からそういう過度な意見が飛び出ることがある。

書体選びは慎重にって話でした。




◇◇◇

今日の写真はそのフーツラの設計途中のもの。
パウル・レナーの原図からバウワー活字鋳造所での活字母系製作。

正直このフーツラ、万人に対して絶対に不快感を与えないかと言われると自信ありません‥‥。しかし、サンセリフ(日本語ならゴシック体みたいなもの)ではなく、ローマン(同じく明朝体)の延長線上として作られたこの抑揚、イタリア産書体にもフランス産書体にも無いこの合理性(かつてはブラックレターを使っていた国の力強い未来への理想)。幾分理想主義すぎる感覚は拭えないけれど、品格を備えたモダンとしては揺ぎ無い名作であるのには変わりなく、80年たった今でも美しいと思います。結果論としてはサンセリフに括られていることになったにせよ、セリフレス・ローマンを試みたその産物はドイツのみならず人類の遺産であるとさえ考えます。(ちょっと大袈裟?)

※クラシックでありながら近代的アプローチから作られたこの書体が、
 4サイクルでオートマチックだけど、フロント片持ちでモノコックボディー
 新世代ベスパのイメージにダブったんだと思う。無意識だったけれど。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-10-27 00:00 | 仕事のかけら | Comments(4)
Commented by べんぞう at 2006-10-26 23:04 x
Futuraにそんな由緒があったとは知りませんでした。
言われてみれば確かに第3帝国の匂いがするような気もしますが、wikipediaでも、ところで、さんと同じ主張が書かれているので、
デザインの赴くままにしておいてはいかがかと。
ちなみに、wikipedia(日本版)の記事URLは、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%A9
です。(本家のwikipediaではナチスへの言及自体がありませんでした。)

そういえば、初めてレーザープリンターを使い始めた頃(もう15年前!!)に好んで使っていたサンセリフのフォントの名前が「SWISS」でした。
Commented by ところで、 at 2006-10-27 02:00 x
wikipediaと内容が似てるのは先方にその記述をソースとして添付した時に目を通しているからです。僕はなかなか的を得ているのでは無いかと思っています。前の事務所でルイヴィトンの広報誌の仕事を目にしましたが(先輩がやっているのを。僕はやってません。)このあたりのフォーマットというか決まりごとはさすがにしっかりしていたのを覚えています。

この件についてフォント設計の仕事をしている友達と話したことがあるのですが、研究家の間でもいろいろ言われているそうで、その時に例に出されたりするのがフォルクスワーゲンとルイヴィトンなんでしょうね。
Commented by harry at 2006-10-29 06:48 x
Futura大好き!
数字の"9"なんか、特に(笑
>セリフレス・ローマンを試みた
あ、なるほど。そういうわけだったのですね。突っ込んで調べることも無いまま、ただ好きだなあと使ってました。ふむふむ。
Commented by ところで、 at 2006-10-29 14:11 x
うーん。僕は"C"の造形が欲しくて使うことが多い気がします‥‥。
英語でもそうですが、確かそれ以上にドイツ語は"c"の次に"k"とか"h"が続くことが多いので右端を垂直に切り落としたんだそうです。

(トラヤヌス帝の碑文まで遡ってもなお、イタリア系ローマン書体の格調を引き継げているような気がしますが、組版時に均一にグレーに見えるような配慮に由来するものです。同じ理由で"b"とか"d"は外形の円と内径の円が偏心させてありますが、これがモンセンの頃に比べデジタルフォントになってからは大きい文字で使う場合「やり過ぎ」な気がするのでいちいち修正しなければならず使いづらくもあります‥‥)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 車幅感覚 風邪などひかれぬよう御自愛下さい。 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
検索