Top
未知の世界へダイブ
10年以上前。
学生だった頃、一眼レフカメラ(もちろん銀塩機)はとても高価なものだった。
学校からの貸し出し機もあったんだけど、それでもカメラは毎日近くに置いておかないと上手くならないと思った僕はシルクスクリーンを刷るアルバイトで貯めたお金でEOSを買った。

当時の美術学生としてはオートフォーカスのカメラよりニコンのFM2とかキヤノンのAE-1といったマニュアルフォーカスのカメラのほうが好まれた。クラシックな感じがお洒落に見えたし、ちゃんと撮るにはマニュアルだろって感じだった。

でもキカイに任せたからといって価値が薄れてしまうようなものは芸術では無いと思っていたのと、より速写性の高いAFを拒んで可能性を狭めたくなかった僕はキヤノンのAFカメラを選んだ。別にキヤノンが好きだったわけじゃない。既に使用にあたってプロが使えるほどに成熟していたAFカメラの中でも唯一、来たるデジタルカメラ時代を見据えたマウントを備えていたのがキヤノンだけだったのだ。

もちろん、その頃キヤノンユーザーは痛みを伴ったのだと思う。
なにしろEOSシリーズにMFキヤノンレンズは付かないのだもの。
それを当時第一位のニコン社ではなくキヤノン社が断行したのだ。




そして10数年後。
今じゃキヤノン社の一眼レフは市場を席巻するような勢い。
それもこれもあの頃に痛みを乗り越えたからこそ。
他社がMFレンズユーザーを切り捨てるタイミングを誤ったというよりは
冷酷さを持ちきれなかったといった方が正しいと思うけど。

b0061723_1453391.jpg
そんな10数年の間こっそり見守り続けてきたキヤノン社ですが、どうやら今後も大丈夫だろうと確信した僕はこんなレンズを買いました。PENTAXです。そう、体制側に小さくコブシを突き上げたのです。(ウソ。いつでもキヤノンに戻る余地は残しつつ‥‥)一部では経営が危ぶまれるなんていうPENTAX。でも現行機でMF時代のレンズが簡単に使えたり、キヤノンが減らしていこうとしているように思われる単焦点レンズを意欲的に出そうとしていたり、入門機なのにファインダーを広くとってあったりとおもしろいかもって思ったのです。キヤノンとはまた違う奥深さ(たぶん性能よりも個人個人の思い入れによる)を感じる。

b0061723_253558.jpg
とっても薄いでしょう?初めて見たときからこれでAFが使えることにびっくりしたのです。キカイ的にいうとキヤノンなどと違いレンズではなくボディのモーターによる駆動だから実現するんだそうだ。

我々素人がカメラを考える時、どれだけ肌身離さず持っていられるかということはとても重要だし、このサイズ感って素晴らしい性能だと言えるんじゃないかと思う。

b0061723_295838.jpg
フードとフィルターを装着してみる。なんとなくこのカタチも好きだ。どことなく中判カメラっぽいカッコよさ。なぜかな、僕にとってPENTAXって中判カメラの印象が強い。大学の研究室の中判の貸出機がPENTAXだったからだ。同時にカメラマンのアシスタントバイトをした時は大概がマミヤかハッセルだったけれども。




◇◇◇

なんでカメラを買ってそれを使わず写真に撮ってねん!
いや、ちょっと使ってみてはいる。



b0061723_2244354.jpg
さすがにAFは遅いし、時々失敗したりもする。
静かな気持ちでゆっくり撮ろう。

b0061723_2254073.jpg
今日もあんまり仕事してないかも‥‥
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2006-05-11 02:35 | GOODS | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヒトのつくるもの ヒント♪ >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
記事ランキング
検索