Top
新しいモダンクラシック、ストリートツインに試乗したよ。
b0061723_21141460.jpg
年が明けてまだ8日。
例年僕たちの仕事界隈ではまだ業務が本格化しないので、
なんだか暇を持て余しております(笑。

そんなこんなで新年の挨拶のつもりでトライアンフ東京みなとに寄ったら、
昨年の秋に発表になった新しいモダンクラシックシリーズで一番リーズナブルなモデル、
“ストリートツイン”の試乗車が用意されているではないですか。
「乗ってみる?」と薦められたので、お言葉に甘えて試乗させてもらうことにしたよ。
(遠慮するべきかなと思ったけど、暇だったのでつい…)

b0061723_1535697.jpg
遊びに行ったタイミングが良かったのか、
今日登録したばっかりでお客さんとして試乗第一号なんだそうな。

ああ、なんかゴメン。
空冷ボンネビルシリーズに乗ってる人じゃなくてゴメン。
試乗しても大したインプレができそうになくて、すまぬ、すまぬ……。

b0061723_21281725.jpg
オドだってまだ24kmのおろしたてピカピカの試乗車で、
高輪を通って品川駅、そこから第一京浜で帰って来ただけなので、詳しいことはわからないけれど、
門外漢なりの、勝手な感想を書いてみます。


 



b0061723_21453938.jpg
跨がってすぐに小さくなったってのがわかる。
あぁいいなあ、コレ欲しい。通勤用に。
排気量は900ccぐらいで旧モデルの空冷とかわらない筈なんだけど、
旧モデルのキャストのボンネビルと比べても、
随分とポジションがコンパクトになったんじゃないのかな。
ハンドル幅狭くなった?
いや、左右のステップの間隔が明らかに狭くなってるんじゃないかな。
うん、きっとそうだ。

b0061723_21511094.jpg
タンクも小さく幅が狭くなってるので、ニーグリップもしやすくなってる。
膝がきゅって閉じれて気持ちいい。

b0061723_21515494.jpg
走り出すととてもスムーズに回転をあげる。
ライドバイワイヤのセッティングもあって発進時には、
900ccの二気筒にしては神経質な感じがしたけど、
回転のあがりはとても速く、レッドゾーンまで何の引っかかりもなくあっけなく回る。
なお、回転リミッターが割と早い段階で効くように感じられて、
(タコメーターがないのでそれが何回転なのか判らないけれど)
1速は80km/hで、2速は110km/hで点火を切っているっぽい。
回転の上昇が速く最高回転数も低いので、尚一層そう感じるのです。

レッドゾーンに至るにあたり、なんのインフォメーションもないのでタコメーターが欲しくなる。
音質が変わるとか、トルク感が変わるとか、パワーの頭打ちがエンジンの感触でわかると、
メーターを見なくても済むんだけどね。そんなのはなくレブリミッターまでまっすぐ回る。
現代的で洗練された、三気筒かよってぐらいフラットなトルクは好みが分かれると思う。

b0061723_14411148.jpg
<2016年1月11日追記>
つまりはこういうことなのかもね。

1)高回転高出力化の為のDOHCを捨て、SOHCを採用したこと。同時にロングストローク化で、
  高回転時のピークパワーを捨て、低い回転数からトルクを稼ぐ性格を獲得。
  =低回転から湧き出るフラットトルクを実現。
2)とはいえ、精度の向上などで物理的にはまだまだ回るエンジンなんだけど、
  排ガス規制と燃費のために、出力カーブがそれほど下がってないところで早々に点火カット、
  =低められたレブリミット。
3)故に実際には特に回転上昇スピードが速いわけではないけれど、回り切ってる感触がなく、
  すぐに低めのレブリミットにあたるために、回転上昇の速い、よく回るエンジンと錯覚する。
 (もちろん、ウォータージャケット越しのエンジンノイズや低回転化による振動の低減も、
  高効率化をイメージさせるってものあるだろうけれど)

全ては親しみやすさ、燃費、排ガスのクリーン化の為に。
とても効いてるだろうし、四輪でも二輪でも、良くも悪くも今っぽい、
最近のトレンドというか傾向なのかね。
<追記ここまで>

b0061723_2244948.jpg
さらにこの新しい水冷エンジンはこの900ccも今後発売される1200ccも位相270度クランクなので、
僕としては以前乗っていたTRX850っぽいかなって思ったら全然そんなこともなく……。
270度クランクらしさはあんまり感じなかったかなぁ。ああいう弾ける感じは無い。
確かに「ダカッダカッ」っていってるけれど、エンジン自体はスムーズで、
トルクは太いのにトルクの谷や盛り上がりがあまり感じられない分、
ドゥカのLツインと同じ爆発間隔だぜって感じはしない。
ドコドコはいってるんだけどね、リアタイヤが食いつくように弾ける感じは薄い。
明らかに空冷よりドコドコしてるんだけどね。振動が少ないのかなぁ。
トルクでダダダーってあっという間に車速を上げる。
不思議な感覚。

b0061723_227449.jpg
DOHCからSOHCになってカムカバーまわりの高さが控えめになってる。
造形的には素晴らしい部分。引き換えに高回転まで回らなくなってるのかもしれないけれど。
(今までの空冷がそうであったか知らないけど)回転上昇はもっと緩やかでもいいけれど、
最高回転数を稼いで欲しいっていう人はいるかもしれない。
そちらの方が気分は盛り上がるかもしれないし。

ただし段違いな軽さと太いトルク、さらに各種新装備で最終的には
こちらの水冷の方が速く走れるかもしれないし(特にタイトなワインディングにおいて)
これで1200ccになれば圧倒的に空冷より楽に速く走れるようになるのかもしれない。

b0061723_22124695.jpg
個人的に一番期待していたライドバイワイヤによるスロットルレスポンスはちょっと意外だった。
もちろんこの900ccに限った話なのかもしれないけど、
結構タイムラグがあるセッティングになっていて、
その分車体のピックアップはそれほどよろしくない。
ドン付きが全く無いとかヌルいっていうのではなく、あくまでタイムラグがあるだけなので、
このモデルに合わせたちょっとした調整、味付けなんだろうね。
まあ、こういうセッティングが自在にできるってのもライドバイワイヤのいいところなわけで、
この軽く小さく乗りやすいモデルには合ってるのかな。
より気軽に乗れるように調整しときましたっていうトライアンフのメッセージをビシバシ感じる。
太いトルクなのに凄く楽に、言い方を変えれば雑な運転を許容できるよう気を遣ったというか。
一般的に少しダルな味付けのほうが距離を走っても疲れないっていうしね。

b0061723_22212759.jpg
ホントにイージーライディングに焦点が定めらていて、クラッチの軽さも半端じゃない。
ウチの675cc三気筒のワイヤー式クラッチも十分軽いんだけど、
それよりざっと半分ぐらいの力でひける感じで、
なんか不安になるぐらいクラッチは軽い。
しかもバックトルクも弱められてる。

ギアの入りも他の現行モデル並みにスコスコ入るし、
エンブレも弱いので古い二気筒っぽさはもはや無い。

b0061723_22545310.jpg
ハンドリングはまあなんというか、相変わらずクラシックのそれ。
でもコンパクトなポジションのおかげか、車体の構成が変わってるからなのか、
軽快感が大幅に増しているのはプラス。
重心が車体中心に寄せられている感じで、圧倒的に軽い感触。
車重そのものが随分軽くなったように感じました。

b0061723_2342544.jpg
グリップも三気筒と同じ細さで、T100と比べて普通のバイクっぽい感覚を演出してる。

b0061723_23111664.jpg
写真を見て、どうなってるのかなって思ってたバルブ部分。
傘がバルブの根元から生えてて、リフレクターと一体では無いようなので、
他のバイクにも流用できそう。

b0061723_054449.jpg
あとやっぱり新しいタンクの造形がいいねえ。
空冷モデルのキャブ車はいいんだけど、インジェクションになってからはすんぐりとしてしまって、
あのタンクの造形がとても綺麗とは言えないなって思ってたんだけど、
水冷のこのモデルのタンクの造形は随分良くなってる。
跨がった状態で見えるタンクの景色も、
幅が狭くてハーレーの883に乗ってるような印象を受けました。

b0061723_21312648.jpg


◇◇◇

まとめ。

とにかく軽快なマシンに仕上がっていて、なんていうかベスパGTS300に乗ってるみたいだった。
コンパクトなポジション、軽い操作感、瞬時によどみなく回っていくエンジン。
例え脚を骨折して松葉杖をついていても乗れる程、ラクチンな取り回し。
特に、もう完全に別物といっていいエンジンは、
少しドコドコしつつも潤いのある、抑制の利いた感じのフィーリングが好印象だった。

もともと空冷の900ccインジェクションエンジンも決してガサツなエンジンではなく、
十分にスムーズでマイルドなエンジンだと思うけど、
さらに雑味を無くして(排気音はアップ、いやな微振動は低減)
すぐレッドゾーンに入るようになった低回転エンジンは、
おそらく常にストレスを感じさせない乗り味で、
どこまで走っても疲れないんだろうなって感じが、
まさに水冷のラージベスパと同じ使い道で活きるような気がするんですな。
個人的にストリートトリプルの乗り換え候補というより、
ベスパの乗り換え候補だなっと試乗しながら考えておりました。
(都内の移動とタンデムライディング用途ってこと)

また、GT200LからGTS300に乗り換えた時の感覚も思い出した。
高回転まで絞り出すようにして回る200ccリーダーエンジンと、
最高回転数が低く一直線に加速する300ccクオーサーエンジン。
200ccは抑揚があってドラマチックだけど、300ccの方がトルクフルであっさり速い。
そういう違いだなって思った。(要はトルク型のエンジンになっただけ?)

うん、空冷モデルもいいけれど、この水冷モデルも欲しくなったよ。
ベスパとの置き換えという意味では1200ccモデルじゃなく
100万円で買えるこのお気楽900ccモデルを選んで、
ドノーマルで乗るってのがいいかも。あ、シートだけフラットシートに替えてさ。
otoboke-yaさんが後ろに乗ってくれるといいんだけどねぇ。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2016-01-08 22:30 | 素敵マシン | Comments(2)
Commented at 2016-01-09 02:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ところで、 at 2016-01-09 15:06 x
↑ご指摘ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< なんでも小顔がもてはやされるわ... 謹賀新年 >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
記事ランキング
検索