Top
BELL Bullitt TT
b0061723_19383241.jpg
先週の日曜日。
otoboke-yaさんを後ろに乗せて、湾岸線を走ってた。
寒かったね。もう高速に乗るような気温じゃないね。


b0061723_1940857.jpg京都で新生・森幸の春巻きにもやもやした気持ちを感じて以降、また横浜中華街にある同發の五目巻き揚げを食べたいと思っていたのです。もう何度もこの巻き揚げは食べているので、本当は広東料理の新しいお店を探索するべきなんだけど、確認の意味も込めて。今後の探索の基準とするべく覚えておかないとね。


b0061723_19494839.jpg
こういうヤツです。春巻きの定義とは何なのか判らないけれど、
衣のついた皮は旧・森幸の春巻きに近いのは確か。

でもなぁ、具がこうじゃないんだよなぁ。
筍ぎっしりの具に関しては新生・森幸のほうが近いのだ。
うーん。まずは浅草周辺の広東料理屋を開拓してみないとな。
あの味を求める旅はこれからも続くのだった。



◇◇◇

横浜までベスパを走らせたのはそれが全てでは無かった。
そろそろotoboke-yaさんのヘルメットを新調したほうがよかろうってことになり、
わざわざ本牧のハーレーショップでサイズを決めるべく試着し、買ってきたのだった。

b0061723_20271593.jpg
BELLの新製品、Bullitt TTという。





こんなのなんだけど、今日はそんな話を。


 



b0061723_2034194.jpg
ネットじゃ判りにくいサイズ感を写真でお知らせ。
左、今までotoboke-yaさんがかぶってたMOMO Design DEVIL。

b0061723_21301386.jpg
右、ARAI Astro IQ。
モモのデビルよりは大きいけど、アライのフルフェイスより少しだけ小さい。
ちなみにアライより100g以上軽い。

モモのデビルは、チンガードが取り外し可能なジェット扱いなので、
フルフェイスとしては、まあそんなに大きいわけではない。
同じバブルシールドのついたヘルメットといえばブレンボ銘のアレだけど、
あれよりはコンパクトでしっかりしてる。

b0061723_2141691.jpg
さすがにBELLというか、Max社が作るファッションヘルメットに比べると、
剛性、重量バランス、ホールド感などクオリティが高い。
ちなみにこのカラーにはTTという名前が振られてるんだけど、
白い部分がくすんだクリーム色なのが素敵なところ。

b0061723_21453470.jpg
内装は茶色のバックスキン調でこれまた好みな感じ。
ちゃんとしたヘルメットメーカーが作るものだけあって、内装は着脱式で洗えるのが素晴らしい。

b0061723_2274227.jpg
コレはあくまでotoboke-yaさんのモノ。
でも借りて被ってみた。
実際の使い心地は走ってみないとわからんしね。
otoboke-yaさんが使う前に僕が被ってしまったのは秘密だ。

b0061723_22161657.jpg
被ってみてすぐ感じたのは、アゴ紐のDリングが緩いというか滑りがいい。
Dというよりロ状の金具のせいでもあるのだけど、アライのそれよりスルスルってリリースできる。
もちろん勝手に緩んでくることもないし、ヒラヒラしないようにスナップボタンもついてる。
悪く無い。

b0061723_22251020.jpg
走ってみて、一番に思ったのは、風切り音がすごい。
これは予想されたことだけど、アライやショウエイに比べるともうかなりの音量。
ぴゅーっていう音じゃなくぼーっと低い音。
とてもじゃないけど、トラで高速は乗りたくないなぁって感じ。
シールド閉めるより開けてる方が静かなんだもの。
走りながらヘルメットのまわりをいろいろ手でかざしてみてると、
シールド正面の上端、額のあたりの風を切ると静かになったので、
やはりこのバブルシールドが悪さしてるっぽい。
あるいは額に四カ所ある空気穴かもしれないけど。

b0061723_2237269.jpg
こういうクラシックタイプのフルフェイスには珍しくベンチレーションがついてるんだけど、
これたぶんほとんど風を感じることはない。
ベンチレーションの効きを実感するなら、夏場より断然冬場だと思うのだけど、
ほとんど何も感じなかったもの。
ただ、チークパッドはアライなどに比べて最小限しかホールドしてないし、
顎からの巻き込みもアライに比べるとそれなりに発生してるので、
シールドさえ開けてればそんなに暑くなさそう。
言い方を変えれば冬は寒そう。

b0061723_0375563.jpg
効かないベンチレーションだけど、口元のそれだけは、開閉できる。
そもそも開けても閉めてもあんまり変わらないが。
しかし、何故か息でシールドが曇りにくいんだよなぁ。
バブルシールドってそうなのかな?不思議。

b0061723_22395683.jpg
あと、このヘルメットはシールド下端にある茶色のタブにマグネットが仕込まれていて、
それがシールド全閉時にバチンってチンガード部分にくっつくようになってる。
正直この機構は要らない気がする。
そもそもシールドのラチェットというかクリック感は全開、全閉、中間、と3種類しかない。




◇◇◇

かぶり心地はアライ・ショウエイに比べてホールド感に欠けるし、ベンチレーションも効かないし、
風切り音ひどいし、積極的に自分で被る気にはならないけれど、ベスパの後ろでタンデムするくらいなら良いヘルメットかと思う。otoboke-yaさんのこだわり「視界が広いのに、チンガードがついてること」をクリアしてるし、ベスパにはちょっとアメリカンな気がするけど、色合いもほどよくお洒落。なかなか良い買い物だったんじゃないかと。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2014-12-21 19:45 | GOODS | Comments(2)
Commented by harry at 2014-12-29 01:02 x
色合いも含めて全体のデザインの統一感がって、いい感じですね。ネットで見たらバブルじゃないシールドもあるんですね。
それにしても、ここ最近「新しい技術で造ってるけど形や色はどこか昔っぽい」というプロダクトが本当に多いですね。個人的には、ある意味で歓迎すべき傾向だと思っているんですけど。無限に続く成長・進化という幻想が少しでも薄れてくれるのなら...
Commented by ところで、 at 2014-12-30 01:11 x
otoboke-yaさんの感想は「寒い!けど、軽い!」でした。
どこか昔っぽいプロダクトが増える要因のひとつとして、
「人間が使う分には、もう十分技術的に発達しきった」ってこともあると思うんでよね。
ごくごく一部の先端製品を除き、一般の人間が使うようなものって、
わずかな高性能化よりむしろその分価格を抑えてもらうほうが喜ばれるっていうか。
同様にちょっと昔のオートバイで十分安くて楽しいってのが、みんなの本音で、それに引っ張られるカタチで昔っぽいデザインのプロダクトが追加されていく感じですかね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< TESAテープに鞍替え ぎをん 森幸の春巻 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
実は1セット目は10日ぐ..
by ところで、 at 22:06
はじめまして。自分もヘッ..
by 仁唯パパ at 08:19
LINK
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
記事ランキング
検索