Top
続・人生守りに入っちゃいかんぞー
b0061723_305780.jpg
先日エボテックのフレームスライダーを付けてから気になっていたこと。
WEBで情報を探ってると、このバーエンドはプロテクト機能に乏しいらしい。
路面を滑走した場合グリップはおろか、スロットルチューブまでダメージは避けられないとか。
アスファルトで削るならもう少し厚くないと心許ないし、
そもそも薄いなら直径は大きくなくちゃいかんのに。

もうひとつ、バーエンドの役目として重量による振動低減が大きいと思うのですが、
どう見ても軽いアルミ製でその役目も果たせているのか疑わしい。
削りだしアルミの質感や見た目は格好良いんだけどねぇ。

b0061723_342457.jpg
そこで大きく重いバーエンドをつけてみるとどうなるのか?テストしてみた。
このバイク、8000rpmでハンドルに伝わる共振がちょっと不愉快。
10000rpm以上ではスゥッとその共振は消えるんだけど、8000rpmだけ妙に安っぽい振動が。
もちろん三気筒なのでツインやシングルエンジンに比べると振動なんて無いに等しいし、
TRX850に乗ってたときと比べると何言ってんだってレベルなんだけどね。

使用したのはご存知ベスパ純正トップケース用のバーエンド。GTS300から拝借。
このどでかいバーエンド、ひとつ480gもある代物で、大きなバーエンドが必要になる
高速巡航マシン、ハヤブサ純正などと同等かそれ以上な筈だから。


 



b0061723_3184111.jpg
ぐわー。ダサいな。
こんなに格好悪いくせにグリップやスロットルは救えるものの、ミラーはたぶん救えない。

b0061723_322460.jpg
振動の問題は確かに幾分緩和されてる。
ただ、効果が強いのは主に低回転で、8000rpmでの共振が消えることは無かった。
多少マイルドになったかなぁ???って首を傾げる程度。
発見だったのは低回転の振動が減るとなんだかつまらないバイクになったことと、
低速でハンドルが切れ込んでくるフィーリングが変わってしまったことで、
考えてた以上にデメリットもある。結果的に0.9Kg重量が増えるのも嬉しく無いし。
このテスト結果からバーエンドの重量増加はナシだと結論づけた。

b0061723_3362045.jpg
バーエンドは転倒時のプロテクトだけ果たせば良いとして、こんなの買ってみた。
ドイツはLSLのバーエンド。同社のスライダーをモチーフにしたパロディ製品?
色はチタン。

b0061723_3533792.jpg
先端にジュラコンが付いてるが、それは全く意味がないと思われる(笑。
ただし直径39ミリ、全長20ミリほどあるので純正のバーエンドに比べると
グリップとスロットルチューブの保護は有利かな。

b0061723_3485047.jpg
先端が丸く、路面上の何かにひっかかりにくそうってイメージだけど、実際には関係ないだろう。
でも横から包むように持つ(ツーリング中疲れてきた時にそういうことします僕)と手に優しそう。

b0061723_41960.jpg
ちなみに純正バーエンドはボルト、ハンドルに埋め込まれたプラグ込みで18g。

b0061723_432359.jpg
LSLバーエンドは同条件で55g。
見た目はなんかコミカルな感じになってしまったな。

b0061723_443576.jpg
この写真から転倒時のダメージを想像してみるとバックミラーはもちろん、
レバーも無事じゃ済まないっぽいねぇ。フフフ。
ウインカーもミラーもレバーもクラッシュすることで衝撃を逃してくれたら良しとしよう。
大事な部分を守るために犠牲になってくれ。南無南無。


ズザーって滑走したあとにハンドルやフォークが引っかかって車体がバウンドするっていうのが
最悪のパターンだとして、多少なりともそのリスクが減ればいいなぁ。
…と言いつつフレームスライダーは外してしまおうかと思ってる僕なのでした。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2010-09-04 04:25 | Street Triple R | Comments(3)
Commented by YJ at 2012-10-03 01:40 x
はじめまして。
私も最近同じ型式のストリートトリプルRに乗り始めました。
このブログは参考になる情報が多くて助かります。

ひとつお聞きしたいのですが、私もバーエンドを交換したいと考えているのですが、
純正バーエンドのプラグがハンドルから外せなくて困っています。
よろしければどうやって外されたのか教えていただけませんでしょうか?
Commented by ところで、 at 2012-10-03 03:03 x
お越し頂きありがとうございます。
でも更新が滞りがちで申し訳ない限りです。

バーエンドのプラグですが、長めの5mmのボルトに予めナットを入れておいたものを、
プラグに20mmほど差し込まれた状態にします。
そしてその予め入れておいたナットをプラグに押し付ける方向に高トルクで締め付けたあと、
ボルトを緩めるという方法で、プラグは普通に抜けました。
ちょっと言葉で説明するのは難しいのですが、ダブルナットの要領です。
ただ、ロックタイトのような跡が見られたので、個体差もあると思います。
プラグのネジ穴は柔らかいアルミですし、
難しそうならディーラーのメカさんにお願いした方がいいかも。
Commented by YJ at 2012-10-06 22:44 x
どうもロックタイトがたっぷり付いていたようで
ダブルナットだけでは外せませんでした。
ダブルナットをセットしたあとにバーナーで煙が出るまで炙ったところ
うまく外すことがとができました。ありがとうございました!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ペリクルミラーの可能性 夏の終わりの課外授業 >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
VESPA
GTS250ie
GTS300Super
GT200L
Street Triple R
TRX850
GOODS
旅気分
TOOLS
素敵マシン
ちゃり
ツーリング
車載カメラ
仕事のかけら
色のハナシ
六本木だより
理科の時間
東京の目じるし
勘違いの時計ブーム
otoboke-ya列伝
チーム・モルモル
ひとりごと。
最新のコメント
canadian onl..
by DouglasDiomi at 23:57
はじめまして、先月からS..
by hanumaru at 16:52
わざわざ経過報告まであり..
by 仁唯パパ at 12:26
LINK
以前の記事
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
検索