Top
モトモリーニ コルサーロ1200試乗
今年ってば三月になっても中々暖かくならない気がしない?
一月二月は平年より暖かかった気がするけれど、その分春が遠のいた?
まったく。ままならないものですねぇ。

b0061723_17182320.jpg
とはいえ、我々のツーリングシーズンはもう始まっていて、
三月は御殿場から山中湖経由甲府からの奥多摩っていうルート。
山の上は寒いし路面温度はまだまだ低い。

b0061723_17413659.jpg
贅沢にも今回のルートのメインディッシュと言っていい柳沢峠の茶屋〜都民の森区間で、
ムラカミさんが乗ってきたモトモリーニ コルサーロ1200を試乗させてもらえたので
今日はそんな話を。


 


More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-03-26 21:11 | 素敵マシン | Comments(0)
iPhone 7plusのデュアルカメラに驚く
b0061723_19263215.jpg
11月のはじめにiPhone7Plusを買った。
二年間iPhone6を使ってきて、片手だと少し収まりが悪いなぁと思っていたけれど、plusだとますます片手で操作するのが厳しくなる。なのに7plusにしたのは、ほとんどこのデュアルカメラのためと言っていい。

b0061723_20245380.jpg
上のiPhone6で撮った失敗写真を見て欲しい。
トライアンフの水平と水面の水平が合っていないのが失敗の原因。この場合、トライアンフの水平を捨てて水面の水平に合わせていれば、もう少しマシになった写真。(風景写真は大地の水平をとるのがセオリー)しかし周辺ほど放射状に長く写りやすいという広角レンズ(魚眼レンズを省く)の特性上、画面中央寄りにある前輪に対して画面周辺に近いリアタイヤが大きく歪んでしまっていて、仮に完璧に水平を合わせていてもオートバイを主眼にした写真としては問題があるとずっと思っていた。


 

More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2016-12-24 12:22 | GOODS | Comments(0)
マットグリーン
b0061723_3362073.jpg
水冷スクランブラー、キタコレ!
今年のEICMAで発表とのこと。

って……もうそんな季節なのね……。
このブログ、夏から放置しっぱなし……。
時間が過ぎるのが早過ぎて怖い。
歳はとりたく無いですなぁ。

b0061723_3491594.jpg
そんな人生の悲哀は置いておいて、このStreet Scramblerの話。
その名の通りストリートツインベース、900エンジンでこれが英断だなぁと思う。
なんだかカジュアルすぎる気がしないでもないけれど、そもそもスクランブラーっていう、雰囲気重視な車種なんだから、むしろこれでいい。

b0061723_3543979.jpg
今年のはじめにストリートツインのインプレ記事を上げたけれど、
その後1200エンジンのスラクストンRにも試乗している。
完全に個人の好みって話なんで聞き流して欲しいのだけど、正直にいうと水冷スラクストンRは少しチグハグというかバランスの悪さを感じたのです。やっぱりちょっと車重が重すぎるのかなぁ。立派なブレーキも金ピカな倒立フォークもクラシックなシャーシーに相殺されてしまってもったいない気がするのです。エンジンのパワフルさにサスとブレーキ以外の、根本的なジオメトリーというか構造が追いついていないというか。モノリンクサス化してでもリアの路面追従性はもう少し上げて欲しい。
なによりカフェレーサーだと言うのならパワーより軽量さで攻められるバイクであって欲しい。
吊るしの状態だと仁科峠とは言わないまでも、椿ラインや奥多摩周遊道路だって
ストリートツインの方が「パッケージとしてのバランス」がとれていて、
そのバイクらしく、楽しく速く走れそうっていうイメージだった。

b0061723_4161080.jpg
その点において圧倒的な軽さとコンパクトさを感じる手軽なストリートツインベースで、
所有欲をくすぐる細部の仕上げを施したコイツは個人的にどんぴしゃ、どストライクな訳です。
土の上走るなら絶対軽い方が楽しいしさ。
初夏にボンネビルT100で伊豆に行った時に感じたステップの低さに起因する不自由さも、
スクランブラー化で車高が上がって多少でも改善していれば、なお良し。
それだけで別にダートを走らせなくとも、オンロードでの恩恵も大きいはず。
フロントホイールの19インチ化で走らせ方は変わると思うけど。

b0061723_4271776.jpg
改めて、念のために、クドイくらいにもう一度言っておくと、
新しいスラクストンに170万円出すぐらいなら、150万円で新しいスピードトリプルを買うよ、いやむしろデイトナ675最終モデル探すよっていう価値観の人間なので、偏った見方だとは思います。

しかし縛りとしてトラの二気筒に拘って、その中から選ぶのなら、
この見た目に惚れて買ってしまっても後悔しないと思う。
(高速道路でスラロームしたい人が買うとは思えない)
まだ試乗したわけではないけれど、良いバイクになっているのは容易に想像できる。
僕は使い道が無いけれど、トラの水冷二気筒シリーズの中から選べって言われたらコレを選ぶもの。
スクランブラーのこのマットなグリーン系のカラーも格好良いしね。

そうそう、夏にこんな感じの色のヘルメットを買ったところだったし。


 

More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2016-11-17 06:01 | 色のハナシ | Comments(0)
むし注意
b0061723_15205126.jpg
〜otoboke-yaさんがGETできるかどうかで天候を占ったというトランセル〜
〜無事に飴50個を集めて、立派なアゲハチョウに進化した〜

さすがに鉾のミニチュアに挿しっぱなしってのは不安定なので、
リビングルームの観葉植物にみかんの枝ごとテープで留めておいたのだけど、
きっちり2週間で羽化してくれた。そう、先週の日曜日の話です。

b0061723_15253688.jpg
僕もいつからか虫が苦手になってしまったけれど、蝶は大丈夫。
なんかモフモフしていて、ほ乳類っぽい可愛らしさがある。うん、ウチの子可愛いよ。
CPやHPはわからないけど、性別ぐらいは知りたいなってぐぐってみる。

b0061723_1529779.jpg
胴体:太く短いのがメス。長く細いのがオス。
羽根の青色:青い部分が前の一枚目の羽根まで及んでいればメス。二枚目の後ろだけならオス。
羽根の朱色:鮮やかならばメス。そうでもなければオス。

ふむふむ、ウチの子はオスっぽいな。


 

More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2016-08-06 16:28 | 理科の時間 | Comments(0)
さなぎ鉾、爆誕
b0061723_23215443.jpg
今年は宵山が土曜日、山鉾巡行が日曜日、さらに次の日が休日という完璧に近い日程だったので、
otoboke-yaさんと京都の祇園祭に行ってきた。

b0061723_23263449.jpg
東京生まれ東京育ちのotoboke-yaさんに一生に一度ぐらい、
我が故郷の祇園祭を見せておきたかったのです。

懸念はある。普通地域のお祭りって地元の人はたいそう盛り上がるけれど、
外部の人にはその良さが伝わらないことが多いと思うので、
彼女が楽しめそうか少々不安には思っていた。

b0061723_23325091.jpg
あれは何か。
目的は何か。
手順は?予算の出所は?人選は?期間中の仕事や学校は?
努めて丁寧に、わかる範囲で説明しながら一緒に歩いたのだけど、
わかってくるとすっかり楽しくなったらしく一日で山と鉾、全部回ろうぜって言いいだすほど。
(普通京都の人は全部の山鉾を回ったりはしない)おかげで歩き続けてもうクタクタ…。


 

More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2016-07-26 23:58 | 理科の時間 | Comments(0)
空冷ボクサーツインの最終形?
ウチのトライアンフも最後の部品が届きもうすぐ完全に直りそう。
よって「空冷のレンタルバイクでツーリングしよう」企画もおそらく今回が最後。




レンタルバイクに登録されている車種の中で空冷マシンを!ってことなら、
ホンダのCB1100、ハーレーのXL1200なんかは台数も多く、簡単に予約がとれる。
実際ハーレーのXL1200X フォーティーエイトは借りてみようかなと考えたことがあったのだけど、
燃料タンクが7.9Lと聞いて断念した。(燃費次第だけど100kmちょっとで給油とは…)

ずっと借りてみたいと思っていたのはBMWのR nineT。台数が少なく人気もあり、
土日は一ヵ月先まで予約が埋まってる状態だったんだけれど、7月10日だけキャンセルが出た。
よし借りよう。一日だけ、朝11時に借り夜7時に返す8時間レンタルとしたので、
遠くまで行くんじゃなく、奥多摩周辺をひたすら走ることにしよう。

b0061723_21264447.jpg
ひろしクンを誘って上野原ICから鶴峠、小菅、丹波山、大菩薩ラインを通って柳沢峠と、
車通りの少ない峠道を選んで繋いで行く。

b0061723_041724.jpg
R nineTはエンジンの主張がとても強い乗りものだった。
全てのボクサーツインが空冷だった1100や1150時代のマシンと比べても、こんなに味の濃いエンジンだったかなぁ、排気量の増大で結果的に強調されてるのかなあ、なんて思いながら乗っていた。
アクセル煽るとちゃんと(?)右に傾くし。

1200ccの大排気量、フライホイールが重いようなドルンドルンとした回り方。
それを今までのボクサーツインの他の車種より比較的コンパクトなシャーシーに乗せてるから、
よりエンジンの存在が際立って感じるのかもしれないね。

中低速トルクが太いのと、回転の落ちが遅い分バックトルクが少なくパーシャル状態でトルクが余剰に残ってるというか、必要以上に前に進んじゃう感触があり、車重もBMWにしては軽いのかもしれないけど、それでもそれなりに重く(装備で222kg)それが慣性となるので、コーナー進入スピードをはかるのに初めのうちは気をつかった。


 

More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2016-07-12 23:13 | 素敵マシン | Comments(2)
空冷で新規モデル
b0061723_21304010.jpg
空冷最終モデルといえば、ひろしクンのモンスター1100evoがまさにそれにあたるのだけど、
ドゥカティ社として見た場合には2015年のニューモデル、
スクランブラーシリーズが空冷エンジンを積んで登場してる。

b0061723_21394554.jpg
そこで6月19日、いつもの皆で桜えびを食べにツーリングした際には、
このドゥカティのスクランブラー(アイコンというベースモデル)をレンタルした。


第一印象はとりあえず乗りやすくてまるで「でっかいセロー」みたいだなって思った。
そこそこ軽くて、ハンドルに対してシートが低く、マイルドで扱いやすい低速トルクは乗りやすい。
エンジンはモンスターの空冷800Lツインの流用なんだろうけれど、
開ければ、昔からある空冷2バルブ800ccLツインそのもののように感じるし、
実際に高速でぶん回してみると215km/hまでは伸びる。
大型バイクとして、最低限のパワーはある。


 

More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2016-07-07 22:00 | 素敵マシン | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30