Top
とりあえず仕上がったよ
b0061723_20323428.jpg
ムラカミさんに預けていた黄色いGTS250が帰ってきた。
基本的な油脂類の交換、各部点検グリスアップ、駆動系はベルト交換、ETC車載器の移設も済んだので、とりあえずこれで乗り出させる。10年物の車両ですが、細かいところはこれから時間をかけてちょっとずつ点検整備していこうかなと。

b0061723_20380819.jpg
まだ11000kmだしね。
現時点においては電気的な部分で怪しい動作をしていたのはキルスイッチぐらい。いずれ緩くなってくる緑色したプラグキャップも、クーラントのサブタンクや燃料ポンプ同様壊れてから考えることにする。なので、キルスイッチだけ殺してもらうようにお願いしておいた。ランナーの頃のライトスイッチに換装してもいいのだけど、この赤色がちょっと可愛いので、何かガジェットを積んだ時のスイッチに使うことにしようかな。

b0061723_20424438.jpg
とりあえず手触りの悪いレバーとバーエンドは今まで乗っていた300から移植。レバーのピポット部分もグリスアップしてもらってスコスコ気持ちよく動いております。しかし11000km走ったバーエンドやレバーより68000km走ったそれらのほうが綺麗ってのも不思議な気がするけどなぁ。ちなみにレバーのクリア層は綺麗さっぱりはげて無くなってます。

b0061723_20494817.jpg
300から移植したものは他にも。まずはシートとトップケースのバックレスト。250に付いてたシートがえらくへたっていたから。これこそ経過期間よりも走行距離が影響すると思うのだけど、なぜか250に付いてきたシートはたいそう柔らかく、それ自体は同乗者にとって歓迎されることだろうけれど、柔らかすぎて路面の突き上げで底付きする感じだった。もしかしたらスポンジの劣化というよりあのバックスキン調のシート生地が伸びやすいのかもね。

b0061723_21014691.jpg
もちろん同乗者のためにタンデムステップ延長ブロックも。やっぱりブサイクなので「もうこれ外しちゃっていいかな?」ってotoboke-yaさんに尋ねると、絶対ダメ、絶対必要って猛烈に反対された。ふんばりが全然違うだってさ。ちっ。ついでにムラカミさんちに転がっていた中古のフロアマットも付けてもらってる。オリジナルを維持したいって今でも思ってはいるけれど「ただし動力機関以外はその限りではない」ってルールブックに付け加えておこうかな。どのみちネジ一本までオリジナルに固執するような車両じゃないしね。

b0061723_21092858.jpg
いきなり特例条項を設け、ゆるゆるの、在って無いようないルールになっちゃってますが、これは全てSクンが悪い。彼のGTS250が全く同じ色でほとんど同じ年式、そして彼は無駄な改造を良しとしないって考え方なので見た目がまったく同じなんですよ……。先日二台並べてみるとトップケース付きってところまで同じなので、駐車してるとどっちが自分のベスパかわからなくて当惑する。ほんと迷惑な話!ってよく考えたら被せて真似っこしたのは僕の方じゃないか。しかも彼のベスパが黄色いのはもう10年以上前からじゃないか。失礼、非はすべて我にあり。悪いのは僕でした、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。やめて、水沢うどん僕に投げつけないで!って謝りながら、せめて目をこらせば遠くからでも間違わないように、ホイールを艶のある黒に塗ってもらった。


 


More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-10-04 22:30 | GTS 250ie | Comments(0)
こんにちは250
b0061723_22283724.jpg
「ところで、さん、あまり乗ってないベスパの250があるんだけどどうかな、見てみてよ」
「どう?欲しい?買う?」

さすがに二つ返事というわけにもいかなくて、
その時はじゃあ300どうすんのよ、なんて二週間ほど悩んでたんだけどね。
実際に現物を確認、試乗してみてもまあまあ程度がいいし、大事な所はしっかりしてる。
この車種特有の悪くなるところや元々の個体差をチェックしてみても優秀な部類。
ベスパだけじゃなくピアジオ車全般に言えることだけど、元々の個体差ってのも結構あるからさ。
300の車検代+修理代(できればプラスチックボディ部分の買い直し&塗装も含めて)よりも、
安くあがる金額だったので、GTS250ieのライムイエローを迎え入れることにしました。

b0061723_03382221.jpg
走行は11000km。
液晶が太文字に変わったけれど、アクセルワイヤーはまだ一本引きの頃のモデルだから10年ぐらい前のモデル。

b0061723_23021068.jpg
トップケース付き。ダメになってくるヒンジ部分もまだしっかりしてる。運が悪いとキーシリンダーとボックスの勘合が、はじめから少し緩かったりするけどこれもいい感じ。キャリアに取り付けた状態の剛性もしっかりしてる。






More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-09-26 19:32 | GTS 250ie | Comments(0)
X-max 250はこのカテゴリーでの覇権をとれそうじゃない?
b0061723_21262085.jpg
今までVespa GTS300に乗りながら、次乗り換えるならさすがにもうちょっと二人乗りに向いたものにしたいなぁってずっと考えていた。もう今はスクーター同士で競争しないし、スクーター縛りでみんなでツーリングに行ったりしないし。なんだったらスクーターじゃなくてもいいかな?とも。高速道路の二人乗りを考えるとベスパの排気量はやっぱりキツイ。そんなのわかりきってる話だけど、若い時はそれでも笑い飛ばせた。しかし歳を取ってくるとやせ我慢もそろそろ限界(笑。そう思うとお嬢様送迎車両としてはW800とかストリートツインみたいな、排気量はそこそこあるけど速くは無い、トルクでトコトコ走れる平和なバイクなんて良さそう。そう思っていた。

b0061723_21275370.jpg
写真は北海道でのGTS300。

ただ日々の足として仕事で使うことにもなるし(むしろその時間の方が圧倒的に多い)仕事のA2サイズのブリーフケースを載せようとすると、17インチの普通のオートバイではどうしても大げさな感じになる。それにトライアンフのトリプルがあるのに、似た排気量のものをもう一台となると色々諦めて一台に纏めれば?って考えが脳裏によぎる。しかしそれはそれでリスクヘッジとしても、1台しか無いって状況はできれば避けたい。

ならばやっぱり大型バイクとは違うベクトルの、都内の下駄としてのユーティリティ性を十分満たした250ぐらいのスクーターがあってもいいのかと、国産のラインナップを調べてみるともうマジェスティとかスカイウェイブとかは売っていないってことを知る。びっくりしたよもう。かろうじてホンダからフォルツァが出てるんだけど、それだっていつまであるかわからないんだってさ。排ガス規制のタイミングって話だろうけれど、今現在ラインナップから落ちててもあまり文句の声があがってる風でも無い。時代が変わったんだねぇ。もちろんこれは日本のラインナップの話で、海外では当然各メーカーがこのクラスのスクーターをいっぱい売ってる。

b0061723_16481779.jpg
ヤマハの新型X-max 300。これオシャレだよねぇ。
なんちゅうか完全にヨーロッパのスクーターに見える。

b0061723_17214051.jpg
フロントのスラント部分が短くて、今は無きジレラネクサスとかランナーみたいな、
あるいは昔のピアジオX9のような、ああいうプロポーションで俄然かっこいい。
そういえば新しいT-maxもこういうシルエットに舵を切ったよね。いいじゃない、いいじゃない!
で、コイツの250バージョンがインドネシアではもう売っていて、
日本にはその250が入ってくるという。


 




More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-09-25 21:36 | 素敵マシン | Comments(0)
さよなら300
b0061723_18020881.jpg
7月28日の深夜、ベスパのバッテリーをあげてしまう。
なんか最近セルのまわりが悪いんだよなぁと思いつつも、忙しくて考えないようにしてた。
今まで一度も替えてないからね。さすがに潮時かと思い新調することに。

b0061723_18091611.jpg
8月3日の午後、突然始動できない状況に陥る。バッテリーは正常、プラグケーブルも正常、イグニッションオンで燃料ポンプが動く音もするし、シート下のバケツ外して耳をすますとスターターリレーの「カチッ」っていう音も聞こえるのに、セルモーターだけが動かない。もう自分じゃどうにもならないのでムラカミさんにピックアップしてもらった。原因はセルモーターが死んだことでした。つまり、バッテリーは交換する必要なかったってことだね。その後初めから載ってたバッテリーも再充電して普通に使えそうだったし。

b0061723_18175081.jpg
そして本日9月17日、車検が切れる日なのですが、このGTS300とお別れすることにしました。
2008年9月の、300が日本に初めて届いた船便のものなので、ちょうど9年乗った事になる。

b0061723_18293303.jpg
68000km。もちろんまだちゃんと動いてるのよ?
毎日のように原画をケースに入れて都内を走り回ってるし、
お盆には長野まで、otoboke-yaさん乗っけて二泊三日の小旅行へ行ってきたばかりだし。
駆動系一式、前後タイヤ、ブレーキパッドなんか新調したばっかりだし。
ならば何故乗り換えるのか?

リアブレーキランプのスイッチがまたもダメになってるし、
オイルパンからのオイル漏れもまた発生してるし、
マフラーのガスケットは当然すっ飛んでるし、
またディスクローターも変えなきゃだし、
プラスチックパーツのクラックも我慢できないレベルのものが増えたし、
ファイナルギアまわりのガタが許容できないレベルだし、
ぼちぼちエンジン腰上だけでもオーバーホールしたいし、
さらに車検費用をと考えるとなぁ。

修理と車検の費用で買い直した方が手っ取り早いっていう、
悲しいほど合理的で、非情なほど現実的な、
冷徹にして無慈悲な判断を下したのでした。
だいぶ心が痛んだけどね。

b0061723_18593480.jpg
GTS300最後の日の一枚。9年間お疲れさまでしたの図。

b0061723_19052174.jpg
「悲しいねえ、寂しいねぇ。私自身も随分お世話なってるわけだし。」
「あ、ちょっと待ってて。ちょっと成田山で貰ったお神酒もってくる。」

otoboke-yaさんが日本酒かけだした。

いやいやちょっと待て。待てっておいおい。
そういうのは納車された時にするもんじゃないの(笑。


 

[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-09-17 19:29 | GTS 300Super | Comments(2)
走ったことのない道を走りたい
b0061723_21370003.jpg
2017年のロングツーリングはなんと午前4時半海老名集合。
まだ暗いうちに家を出る。渋滞を避けるためなんだけど、
おかげでゴールデンウィークにもかかわらず明るいうちに丹後半島に着けた。

b0061723_21461934.jpg
丹後半島。そう、<この記事>でも書いた思い出の地なのです。
結局15年ぶりぐらいの訪問で、あの頃はトライアンフで来ることになるなんて、
想像もできなかったな。

b0061723_21581153.jpg
舟やの景観が特徴的なのか、伊根町のあたりがすっかり観光地化されていて、
それがちょっと違和感を覚えたものの、それ以外はあまり変わったところがない。

b0061723_22025045.jpg
丹後半島外周、特に経ヶ岬より西側の国道はコーナーの順番まで覚えていた事に驚いた。
そして乗り物の性能が飛躍的に上がっているので、記憶の中のコーナーの進入スピードと
ウチのトライアンフの許容するコーナー進入スピードが違いすぎることにも驚いた。

そんな楽しくも切ない丹後半島は1時間ちょっとで過ぎていき、
一日目は夕日を見ながら兵庫県豊岡市のホテルに滑り込む。




More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-05-07 21:02 | ツーリング | Comments(0)
全力でSクンにオススメしたい、FASTER SONS
b0061723_19210150.jpg
「トラはいつ頃おりてくるの?」
「え?オルタネーター交換した?なら買取価格40万円まで増額するよ?」
 ーーSクンが笑顔で僕に言う。

「それなら良い話があるよ。今ならモリーニのコルサーロが〇〇万円で出せるよ!」
 ーー黄色好きさんが嬉々として僕に言う。

「そもそもところで、さんにトラは似合ってないからね?」
「勘違いしてない?ところで、さんにトラが似合っていたことなんて今まで一度もないよ?」
「正直モリーニの方が絶対似合ってるよ!」
 ーーひろしさんが真顔で僕に言う。




いやいや。待て待て。

みんな何言ってんの?
SクンのST2が年数なりに朽ちてきてるのは理解してる。
で、彼の次期車両がどうして僕のストリートトリプルRに確定しちゃってんのよ。
こっちの都合おかまいなしデスカ?
現在我が家の家計が、ターボ付き1000万馬力の火の車なの知ってる?
みんな何言ってるのか意味がわからないよ。

Sクンも軽いバイクが欲しいってのはわかる。
しかしなにも8年落ちのストリートトリプルRなんか選ばなくても、
今はもっと良いバイクがあるでしょ。
僕だったらBMWのR nineT RACERかトライアンフの最新スピードトリプルが欲しいけど、
高いし、重いし、現実的にはヤマハのXSR900なんて惹かれる。
アレ、実際に公道で走ってるのを見かけていいなぁって思ったもの。

b0061723_20510975.jpg
昨日、otoboke-yaさんに付き合ってGINZA SIXに行ってきたんだけど、
近くのヤマハ楽器(ZARAの隣ね)にこんなのが置いてあった。
ヨーロッパヤマハのカステムモデル?だっけ。FASTER SONSのXSR900。
これがえらくカッコよくってたくさん写真を撮ってきので今日はそんな話を。

Sクンはよく見てお金と判子を用意しておくように。
そして僕からトラを取り上げるなんてことは、再考するよう切に望む。


 


More
[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-05-01 22:35 | 素敵マシン | Comments(0)
集中治療
b0061723_19344056.jpg
今年もベスパでイチゴ狩りに行くことなく冬が過ぎていった。
しかし年に一度ぐらいはベスパのメンテをちゃんとしてあげないと。
もちろん一年に一度なんていわず、日々ちゃんと面倒見てあげてるならいいんだけど、
普段乗りっぱなしの下駄扱いだとどうしてもね……。

b0061723_19350266.jpg
ピアジオ製リーダー&クオーサーエンジンにジャダーはつきものだとは言え、
8年を越えた頃から看過しがたいほどのクラッチまわりのジャダーに悩まされていた。
二人乗りで、ちょっとした段差を乗り越える際に空転して前に進めないことすらあったのです。
一人で乗ってる分には許容できる範囲なんだけど、そこはほら、お嬢様送迎車だからね。
この乗り物の存在を否定されるわけにはいかんのです。

b0061723_19351914.jpg
ということで、今年はクラッチ周りの全取っ替えを敢行することにした。
クラッチベル、クラッチシューユニット、フェイス、
トルクドライバー、その0リング、どうせならナットまで。
耐久性重視で全てノーマル相当品。

b0061723_19354202.jpg
本当はクラッチシュー、ベル、フェイス(トルクドライバー)の順に1点ずつ交換していけば、
全取っ替えする前にジャダーが消せる状態になると思うし、その方がはるかに安上がりなんだけど、
今回はついでにベルトやローラーに至るまで新品投入の図。

もうね、1点ずつ交換して原因を探るのが面倒なんですよ。
今回治ってもすぐにまた別のところが痛んで交換しなくちゃならなさそうだし。

結果、新車かと思うほど快適な状態に戻りましたよっと。
なんでもっと早く交換しなかったんだって去年の僕を叱りつけたい。


 

[PR]
# by la_nuavo_vespa | 2017-04-25 20:17 | GTS 300Super | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30