Top
<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
植木鉢にもなりゃしねぇ。
b0061723_14245268.jpg
コンテンポラリーアート?
織咲誠氏のホール・ワークスを思い出してしまった(失礼ですね)ベスパのバケツ。
先週あたりからGTのメットインスペースがえらいことになってます‥‥。
もはや火事になっても水を運べないどころか穴が大きすぎて植木鉢にもなりません。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-29 20:32 | GT 200L | Comments(7)
約束しないでも逢える幸せ。
b0061723_2584969.jpg
DUCATI HYPERMOTARD。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-28 04:08 | 素敵マシン | Comments(2)
残り三ヶ月とちょっと。
b0061723_2127444.jpg
「そういえば今日からフェルメールの『牛乳を注ぐ女』見れんだよな」
「せっかく目の前(六本木、国立新美術館)なんだし、行ってこようかねえ」
「平日でも初日だから混むんかな。こういう展覧会は年配の方で一杯だし」

なんてジムショで考えてたら電話が鳴る。前のデザイン事務所の先輩からだった。
ほとんどの先輩達は今でも良くしてくれていて、「ところで、最近どうよ?」って電話してくれる。
僕はいつも「ぼちぼちデス」って答えておくのだけど、そろそろ僕のその返答に飽きてきたのか、
最近「ちゃんと営業してるんか?」って聞いてくるようになってきた。
それは僕があまりに毎日へらへらしてるのを見て心配してくれてるんだけど、
営業って。名刺もって企業をまわるのか?
そんなのするわけないじゃないか。万が一そんなことしてさ、仕事が来ちゃったらどうするんだよ。

「働いたら負けだ」とは誰かさんの言葉。
さすがに僕はそうは言えないけど、デザイン以外にも楽しいことは沢山あるんだ。
遊ぶ時間が無くなっちゃったら元も子も無いじゃないか。
ギター弾いててもバイク屋さんできるんだよ?




既に年末までの予定がプレッシャーになってきました。
そして今日、ある先生のオフィスから忘年会のお知らせが。
今年は派手なイベントにするので、サインして返信せよと。
早い、早すぎるよ、ママン。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-27 02:04 | 仕事のかけら | Comments(2)
F.11論
b0061723_2018482.jpg
「男児たるものF.11で撮るべし」



って中モモさんが言うもんだから、先日の高原ではそれを意識して写真を撮ってた。
結構簡単に人の意見に影響される僕。風景だったからなおさら、なんだけどね。
上の写真とかは夜明け後すぐだったから光量が足りなくて苦労した。

一概にF.11といってもレンズの焦点距離とかで画は違うものになるんですが、
特に広角を選ぶのならばそれはある意味正しいと言えるし、
僕自身開放F値が無駄に明るい広角レンズは必要としていないからこそ
広角はちょっと暗めの21mmパンケーキでヨシとしたって経緯もある。




中モモさんの言葉を聞いてすぐに思い出したのは、“f.64”のことだった。それが中モモさんが言うことと同じかどうかは判らないけど、学生の頃に習った「ストレートフォトグラフィ」を指向したグループ。大判カメラで絞りF.64で撮る、というのは喩えであり(といっても実際、大判+最小F値が多かったのかな)、「明るいF値でフォトジェニックに撮る=写真による作為」を否定するってことです。

それはとても理論的、男性的であり、絵画ではなく現代アートに近い考えを示したものだと、僕は思っていた。学生の時にポートレイトばかり撮っていた僕には少し距離感があったのを覚えているんだけど、歳を重ねた今、せいぜいモンキーレンチのハンドル先端のピントをコントロールするのに50mmレンズから40mmレンズに付け替えるのがやっと‥‥の僕でもちょっと向こうから歩み寄る足音が聞こえるような‥‥気がしないでもない。

勘違いしてはいけないのがストレートフォトグラフィといっても手を加えてない訳じゃない。細心の注意と緻密な計算で完成された職人的なアートワークの上に成り立っているもので、無駄な作為を排除したというだけで、そこに彼らの気持ちが映されることに意味が有るのです。

アンセル・アダムスのオリジナルプリントが見たいなあ。やっぱりヨセミテの写真がいいな。
ちょっと違うけど学生の頃、ロバート・メイプルソープの花のオリジナルプリントを見た
あの日のような目頭が熱くなる、そんな感動をもたらしてくれるんじゃないかと思う。




◇◇◇

今日は勝手に中モモさんとアンセル・アダムスを重ねたみたいになっちゃったけど、
大判でのF.64ってのは35mm一眼レフカメラだったらF.11を指しているんだろうなと、
思ったからです。個人的には今まで絞る時はAPS-CデジタルカメラだとF.8で十分だろうと、
そうしてきたのですが、こういうのは精神論的でもあるので、
今後僕もそういう時はF.11まで絞ってみようと思います♪


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-26 00:00 | 理科の時間 | Comments(3)
不意のインチサイズで慌てることのないように。
b0061723_059417.jpg
朝からotoboke-yaさんが借りてきたDVDなんかをウチで一緒に見ながら、
とてもクリエイティブとはかけ離れた、溜まった仕事の事務処理なんかをしてたのですが、
さすがに一日中ウチにいるのは耐え難く、雨を避けながらベスパでふらふらと気分転換。
湾岸線を千葉方面に走リ始めると荒川河口の空はちょうど良い淡さでちょっと幻想的だった。

適当なところでひき返し、環七からWORLD INPORT TOOLSに立ち寄る。
ちょっと思うところがあって高級工具が欲しかったのです。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-25 01:50 | TOOLS | Comments(2)
黄色組はチャイナ好き?
b0061723_1281874.jpg
「少し高速に乗れればどこでもいいんだ」


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-24 13:45 | GT 200L | Comments(0)
今でもバリは手で取ってるのね。
 
b0061723_2321484.jpgボディーにあしらわれた柄が可愛いねえ。

このスクーター、HONDA CREA SCOOPYという。一般的なホンダの原付スクーターということですが(どうも我々はこういうのに疎くて困る)、実はアルミ鋳造ダイキャストフレームで水冷エンジンなんだってね。そもそも十代の頃はスクーター自体、所有したことが無かった僕ですが10万円代で買える国産原付スクーターというとDJ-1とかJOGとかGダッシュ(しかし古いね)ぐらいしか知らないもので技術の進歩にびっくりです。


というのも~スクーターができるまで~って動画を見たんですよ。どうも子供向けの番組のようで、15分くらいの長さがあるんだけど、見たことないなら結構おもしろいかもしれない。現在の工業製品として、どのくらいまでオートメーション化されてて、どこに人間の手を必要としてるか、とか。このスクーターそんなとこにラジエター付けちゃうんだ、とか。

※残念ながらMedia Playerが必要なのかも。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-21 00:00 | ひとりごと。 | Comments(3)
YAMAHAの本気 (乗ってみたいモデルある?)
b0061723_11131933.jpg
そろそろ現実的に考えられるようになってきたGP800。
ムラカミさんちで動画とか見ていたと思ったら、
PCの壁紙が黄色いGTSからGILERAのそれになっていた。

成川さんのところに最終的なスペックが出ているけれど、最大出力75hp/7,250rpm、
最大トルク76.4Nm/5,750rpmなんだね。車重が245kg、最高速は200kmとなっているから
まだTRXで太刀打ちできるけど、言い方を変えればTRXの代わりとして遜色ないのかも。
あくまでスペックの上では‥‥だけどね。(スポーツバイクの楽しさはまた違うとか?)
これならお気楽オートマチック・タンデムツーリングに向いていてなお、充分過ぎるほど
スポーツも楽しめるんだろうね。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-20 00:00 | 素敵マシン | Comments(5)
ハヤキコトカゼノゴトク‥‥
b0061723_0285445.jpg
先週、中央道八ヶ岳PAからの眺めに突如現れた漢字四文字。
甲斐の国の近隣諸国は大河ドラマで盛り上がってるようです。
うおっアニキ喜ぶかな?って迷わずシャッターをきる。

ご覧の通り田んぼなんですが、田植え後に刈り込んで作ったそうな。
うーんー。その書体はどうなのかなあ。何故に毛筆書体にしなかったのか。
効率は良いだろうけど、ゴシック体ってだけで一気に弱そうに見えます。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-19 00:26 | ひとりごと。 | Comments(2)
エマールとエリエールは違います。
b0061723_22282939.jpg
昨日の下田は真夏のように暑かった。汗だらだら、体べとべと。
実は先週の高原からちょっと気になっていて、今日こそはとヘルメットの内装をじゃぶじゃぶ。
いつも何も考えずエマール(エリエールじゃないよ某モモさま)で漬け置き&押し洗いなんですが、
もっと良い方法って無いものなのかな。パットのフィット感を損なわず汚れは一網打尽が理想。
みんなどうしてるんだろう。

それはそうと、内装脱着式って高校生の時に被っていたショウエイのフルフェイスには
無かったと思うんだけど、やっぱり結構便利だよなぁって思いますね。
頬パッドはLサイズのもの、頭周囲のものはMサイズのものって組み合わせられるし、
これって画期的なことだったんじゃないかと今さらながらに思うのです。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-09-18 00:00 | TOOLS | Comments(7)