Top
カテゴリ:勘違いの時計ブーム( 24 )
マッドシティ
b0061723_0231965.jpg
久しぶりのマッドシティ。久しぶりの時計ネタ。
otoboke-yaさん愛用、小薔薇のチュードル<→以前の記事>の竜頭が取れてしまっていて、
ひと月程前に預けていた(しかも黄色好きさんに持って行ってもらったっていう…)のです。
最近忙しくて時間を作れなかったことを猛省しつつ、晴れ渡った暖かい午後ようやく引き取りに。
もちろんシティの中心に誇り高く店を構える老舗、スズキ時計店のお世話に。
ジンくん、いつもいつもありがとね。

b0061723_0364990.jpg
竜頭をとめ直してもらうだけじゃなく、機留めのネジのゆるみの検討まで、
疑わしいところは一通りチェックしてくれていたジンくん。ほんとありがとう。
上の写真はちょっと進みが大きいかと診断してくれてるところ。
左下に固定された時計本体の振動を拾って、本体の紙シートに進み/遅れを印字してくれるという、
大変に男前な機械であります。時間のズレがあると印字される点々が斜めに走るんだとか。
そこはかとなく漂うクラシックっぽさが格好良い道具。

b0061723_0524443.jpg
ニコンの鏡とか。お店の調度品も激シブであります。
師走で忙しいだろうに、ついつい長居したくなる心地よさ。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2010-12-24 01:48 | 勘違いの時計ブーム | Comments(0)
清水の舞台からすぅーと滑空する感じ?
b0061723_15332538.jpg
ひゃほーい。

ちょうど去年の今頃から着けてたモーリスラコロアの時計は、
どうにも故障がちだったので(三度目の入院はキドメではなくぜんまい切れでした)
ソイツを売っぱらって三ヶ月。その代金で新しい時計がやってきた。
少しアシが出てしまったんだけどね。

次は黒文字盤で三針がいいかなって思ってたぐらいで、
今までよりかは選択肢を広げて検討したつもりだったのだけど、
結局はまたしてもゼニス。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-03-06 05:37 | 勘違いの時計ブーム | Comments(2)
約束される13日の金曜日
b0061723_322588.jpg
三月一日。
時計も30、31、1とカレンダーを繰り上げる日です。
お、お、おってちょっぴりドキドキするのは僕だけですか?
ひと月の日数が少ないのが嬉しいことなのかどうか判らないけれど、
少なくとも自分の死ぬ日を知らないから早く時が過ぎていくのは苦痛じゃない。
それに単純にチンッチンッチンッって時計のカレンダーを繰り上げる感触は楽しい。

最近、“世界暦”なるものがあったのだと知りました。<→参考:wikipedia>
要は毎年、日にちに対する曜日が固定されて、それによるしわ寄せを6月と12月に
「曜日を持たない日」で調整するっていう構想。国連でも議題に乗せようとしたとは恐れ入る。
この場合、パテック・フィリップの永久カレンダーは使えなくなるね。
しかもコレだと三ヶ月に一度、決まって13日の金曜日がやってくるそうな(笑。
そりゃあ、敬虔なキリスト教徒には大問題ですわな。


 

それはさておき、こんなの手に入れてみた
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-03-01 04:06 | 勘違いの時計ブーム | Comments(2)
冬色に替えよう
b0061723_35571.jpg
先週末、またしてもモーリスラクロアの時計が止まってしまった。
どうせまた、キドメの問題だろうと修理に出してきたのですがどうなることやら。

タダで直してくれるんだから良いのだけど、その修理してる間が困るんだな。
というのも僕の中であのダメな子は、主に冬に活躍しがちな黒系の洋服担当なのです。
(ちなみにゼニスは茶系担当でルクルトは色別というより、おめかし担当)

仕方が無いので、ゼニスにグレーのベルトを付けることにする。
どのみち、衝動買いしたあのカジュアルなベルトは、<→参照 前回記事>
冬服にどうもしっくりこないように感じていて、近々替えるつもりであったのだけど、
予定していた濃茶から一転、頭を使わずとも黒系に合わせやすそうなチャコールグレー。
はじめは中々のギリギリ感っていうか、正直渋すぎるんではないかな?と
思ってたんだけど、二日ほど付けてみて意外と慣れてきた。

b0061723_3282261.jpg
マットな表面のクロコで、ちょっと奮発して(笑)竹斑。
この竹斑ってのが渋く見えてしまう要因かもしれないんだけど、
ちょうどいいグレー(細かく言うなら濃度と茶色の混じり方)という色味を優先すると、
これしか見つけられなかったのです‥‥。

b0061723_339762.jpg
さらに希望を言わせてもらえば、もう少しテーパーがはじまる位置を尾錠方向にずらして欲しかった。
20mm幅のラグからすぐに細くなり始めてるのが個人的にちょっと残念。


 

ん?星のマークが見えてます。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-12-10 04:34 | 勘違いの時計ブーム | Comments(0)
I'll be back
b0061723_2236425.jpg
気が付けばもう十月。毎日涼しくもなる筈だ。
今年もあと三ヶ月で終わり、残りクオーター。

そんな神無月。街から神様がいなくなる月。悪魔が小躍りして喜ぶ月。
ぞろぞろと全国の神様が大挙して出雲へ向かうのは、一説によると縁結びの為なんだそうな。
ちゃんとお洒落して過ごしてましたか?来月には素敵な出会いをもたらしてくれるかもよ?
早く帰ってきて欲しいもんですね。

b0061723_2249559.jpg
先月預けたモーリスラクロアが帰ってきた。
動かなくなったのはやっぱり機留めのネジが脱落したから、なんだそうだけど、
今回はただの緩み・脱落ではなく、ネジがねじ切れてたんだそうな。
輸入代理店の日本デスコの明細によると、あの小さなネジ(前回参照)の単価は500円なんだって。
高いような安いような。ちなみにムーブ点検含めて取り付け工賃は4500円。
まだまだ保証期間中なので、お金払ったわけじゃないけどさ。

なにはともあれ無事帰ってきてくれてありがとう。
一ヶ月‥‥まあまあ、お早いお帰りで助かったよ。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-10-04 00:00 | 勘違いの時計ブーム | Comments(0)
グリニッジ時間がわからない。
b0061723_141758.jpg
!!!
またモーリスラクロアが動いてないぞって思ったら、
今度はわかりやすく、外れたネジがローターの上に載ってる‥‥。
むむむむむ。わかりやすいのは良いことか。キズミいらず。

今日販売店に持ち込んできましたが、なんだかなぁ。
やっとGMT機能を使う時がきたって楽しみにしていただけにちょっと残念。

b0061723_0565353.jpg
時計も余分にもうひとつ持ってるぐらいの方がいいのか?
きゃーーー♪

 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-09-05 01:03 | 勘違いの時計ブーム | Comments(5)
なんとなく一家
 
もしかして、もう八月ですか?
そうですか。まいったね。

おい、今月の時計はどうしたよ?‥ってなんてこと聞くんだ。
イヤ、色々考えてたさ。今度はちょっとだけ素敵なジムショ用掛け時計の予定だった。

昨日otoboke-yaさんがなにやらNHKの宮崎駿のドキュメントを見てたので、
“なんとなく”僕も一緒に見ていたのだけど。スタジオジブリに架けられていた掛け時計が、
ジブリ作品に出てきそうな小振りの振り子時計でね。単純な僕はまた影響されてる。

b0061723_1452840.jpg
このモノクロの写真は大学二回生でまだ専攻が固まってないお試し期間の
「写真の紙焼きをしてみましょう」って頃の課題だったと思う。
※“なんとなく”学生の制作まで出しちゃう僕って‥最近恥ずかしさとか超越してきたと思わない??
何故時計がジーンズ履いてるのかなんて今の僕にはわからないよ。
むしろ代わりに誰か“大学生のところで、”に訊いて欲しいぐらいさ。

うそうそ。
ウチにあった時計で“なんとなく”よくわからない静物にして、
今道子ふうにしたかったんでしょう。見事に失敗してるわけだけど(笑。
若気の至りです。そう、若さゆえの過ち。
無敵だと思われた若者はやっぱり無力だったって話。

いや違った。
実家の時計の思い出を話すんだった‥‥。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-08-07 03:45 | 勘違いの時計ブーム | Comments(4)
抜け落ちた王冠
b0061723_23535873.jpg
「ダンナサマ、ダンナサマ。エライコトニナリマシタ!」

って叩き起こされたのが朝の6時!
ぬわー。竜頭取れちゃってるじゃないか。

なんでも朝8時の飛行機に乗らなくちゃいけないらしく、少々慌てるotoboke-yaさん。
手巻き時計、しかもアンティークだなんて、もしや自分の趣味を押し付けてるんじゃないかと、
ちょっと後ろめたさの残る僕。




そうは言っても僕はその後、昼の1時までたっぷり寝てたけどね。
とりあえず、キズミロボ出動!


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-07-14 00:42 | 勘違いの時計ブーム | Comments(5)
キズミをプロ仕様?に。
b0061723_3155576.jpg
以前、ひろしさんが買うというので僕もついでに買ってしまったキズミ(時計的ルーペのこと)。
ベルジョン製で、2 1/2という倍率の低いもの(僕らがポジフイルムや印刷の網点の
チェックをする時は普通4倍とか8倍を使う)なので、素人的にはこれで充分楽しめる。
楽しめる‥というだけで、必需品でも特に役に立ってる訳でもないんだけどね。
黄色好きさんみたいに裏蓋開けて直したり壊したりしないし(笑。

でも松戸のスズキ時計店でプロの道具を拝見してから、真似っこしようと思っていたのです。




b0061723_3413820.jpg
なんてことはない。穴を開ける。
当初「明かりをとるためか?」と思ったけど、体温によるレンズの曇りを取るためなんだって。
なるほど。って思ったね。長時間装着しない素人には意味無さそうだけど、
必要に迫られての知恵、しかも単純な解決策って素敵です。


 

それじゃあ装着してみます?
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-07-02 00:12 | 勘違いの時計ブーム | Comments(2)
必要なのは勢いです。
b0061723_2328393.jpg
早速ゼニスは革ベルトに。
元々この時計は金属ブレスでは無く革ベルトを想定して買ったから。
早く付け替えたくて仕方なかったのです。

b0061723_23295898.jpg
廻りにステッチを走らせないで、厚みを絞った中程にステッチを入れる。
最厚部で5ミリぐらいの厚手なんだけど、“二山のコブ”と呼ぶには大らかな、個性的なカタチ。
色は茶色というよりもオレンジ色に近い。手触りや質感も含め、まるでGIORGIO FEDONの
ペンケースとか名刺ケースを思い出すって言えば伝わるかなぁ。

b0061723_23445038.jpg
遊革が動き過ぎないように紐が通してあったり。








でもね、でもね。

この個性的なベルトがゼニスに似合うかどうかは自信ないのです。
そもそも今回、尾錠側16ミリのベルトに拘りたかった。
上の革ベルトは20-18(ラグ側20ミリ、尾錠側18ミリ)なのです。
実は半年前までは革ベルトはストレートが今っぽくていいじゃない、なんて思ってたけど、
最近は20-16とか、より細くなるスタイルの方がセクシーで好きだったりする。

それもこれも、お店の人に「モレラートの新作ですよ」なんて言われ、
ベルト単体での可愛らしさに惹かれてつい衝動買いしてしまったのだけど、
このゼニスのクラシカルさを考えればちょっと可愛すぎる気がしないでもない。
もっと、普通のカタチ(それも20-16でクラシックに)でオーストリッチとか、
カーフの艶消しのモノにすれば良かったかな、なんて考えてしまってます‥‥。
んんん。どうだろう?


 

そんなことも吹っ飛ぶイベント勃発。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-06-15 00:01 | 勘違いの時計ブーム | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30