Top
カテゴリ:東京の目じるし( 16 )
スカイツリーの足下で職人の仕事に出合う
b0061723_18491272.jpg
5月22日に開業するときくスカイツリー。
そいつがどーんと見える言問橋の西詰めで、素敵な専門店を見つける。

b0061723_18494477.jpg
およそブラシと呼ばれるモノならなんでも作るというマーブル総業さん。
たまたま通りかかり、覗いてみたのだけどこのお店がいとおかしい。
楽し過ぎてotoboke-yaさんとふたり小躍りした、というほどに。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2012-03-10 22:42 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(2)
2011年中の完成は可能か?
b0061723_0184099.jpg
年末の忙しい最中、ビッグサイトあたりから建設中の橋が見えることに気づいていた。
以前見学した<→以前の記事>東京港臨海大橋(仮称)は、
「東京ゲートブリッジ(Tokyo Gate Bridge)」と名前が決定したらしい。

b0061723_0284924.jpg
出来上がる前にもう一度見ておきたくなって、若洲へ寄ってみる。
(当初今年の夏に完成予定だったけど、いろいろあって半年ずれるとかなんとか。)
正月の間、東京スカイツリーは三百万人の見物客を集めたそうだけど、
同じく東京にできるこちらの巨大建造物は見物してるひとがほとんど居ない。

b0061723_1211598.jpg
むしろ巨大な橋を背にして釣り人が黙々と糸を垂れるばかり。
でもあっさり作られているようにも見えて、よくよく考えると人間がこんなにも大きなものを、
作れてしまう事実に感激するんであります。ということで本日は無意味に写真増し増し、
完成間近の巨大橋の勇姿を写真集的にお送りします。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2011-01-06 01:51 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(3)
正月から孫の代のことなんてのを考える
b0061723_4515838.jpg
近年すっかり忘れてたけど、我が家でお正月といえばサイクリングなのだ。
何故かはわからない。でも今思うと寝正月で落ち気味な体力を回復するにはいいのかもしれない。

b0061723_2038384.jpg
1月2日、買い物も兼ねて秋葉原経由新宿界隈という都内散策プランを考えていたのだけど、
出発が2時を回ってたのと走行中にコイツを確認したのでプランを変更することにした。
そう、目的地は写真中央に小さく見える建設中の東京スカイツリー。

b0061723_20382270.jpg
両国を通過。
車が少なくスイスイ走れて気持ちいい。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2010-01-05 05:02 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(2)
RED BULL BOX CART RACE TOKYO
b0061723_1242712.jpg
日差しの強かった日曜日。
最近休日にはモルモット用の生餌(雑草ね)狩りのため近所をちゃりちゃりすることが多いのだけど、
お台場・夢の大橋で日本発となるレッドブルボックスカートレースが行われるというので覗いてみる。

b0061723_1314388.jpg
元々子供が木箱に車輪を付け、坂を下って遊んだのがはじまりという、
動力を持たない(人力もダメ)転がるだけのクルマで坂を下り降りるっていうただそれだけのゲーム。
しかし、そこはホラ。いかに面白おかしく走りきるか?っていう欧米のオバカなイベント。

b0061723_2132031.jpg
見るまではあんまり日本人向きじゃないかもなぁと思ってたけど、出場者は十分ハジけてたよ。
アレだ。大学の学園祭の感じ。それもちょっと体育会系の。
高校生と違いそれなりにお金の工面もできて行動力もある年頃のパワーの出口。
ただお台場っていう場所が悪いのか、シャイな日本人にはお酒が必要なのか、
出場者の意気込みと観客にある温度差が少し気になったけれども(笑。






自宅のコンピューターに作業終了まで10000時間です!なんて言われつつ編集した動画。
3分38秒と長くなってしまったけれど、最後にクラッシュするチームが出てきたりするので、
邪魔臭ければ後半だけでも見てみてね。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-10-13 02:41 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(0)
"耐用年数100年を目指す橋梁"らしい
b0061723_056322.jpg
すっきり晴れたのは随分久しぶりだね?な日曜日の夕方。
工事の進行状況を見てみたくてotoboke-yaさんと若洲公園までちゃりちゃり。

b0061723_0572239.jpg
<→東京港臨海大橋(仮称)>
大井から若洲までを繋ぐ新しい幹線道路のために架けられる橋で、
海上をまたぐ部分が1.6kmというのは、レインボーブリッジの約二倍とか。凄いな。
たぶん横浜のベイブリッジ、台場のレインボーブリッジみたいな小洒落た名前が
付いてしまうんだろうけれど、その二つの橋と違うのはこれは吊り橋形状じゃないってこと。
写真のようにトラスに組まれたボックス状の構造体で、
それは羽田が近いので飛行機のために高さを押さえねばならず、
港湾があり大型船が行き交うので桁下の高さも確保しなくてはならないからなんだそうな。

また、やはりこのトラスなボックスユニットも別の場所である程度組まれて持ってくるらしく、
千葉県富津から船で曳いてきたユニットは、以前お伝えした<→こんな感じのクレーン船>
三隻も使って橋脚に乗せたんだって。<→その模様を伝えるサイト>

b0061723_0575161.jpg
この橋、高速道路の一部ではないので完成したら無料で渡れるんだそうだけど、
公開されてる設計速度より実は大幅に頑丈なつくりになっていて、
いずれは首都高に組み込まれても不思議じゃないとどこかで聞いたような気がする。

b0061723_058212.jpg
とりあえず歩道もあって歩いて渡ることも可能らしいので、是非自転車も渡れるようにして欲しい。
(レインボーブリッジはちゃり禁止なのです)

※そうそう、ドカティではトラスフレームと言わず“トレリス”フレームと言うらしいね。フーン。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-10-05 02:47 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(3)
迷走するイタリア街
数年前に日本テレビや電通本社ビルが入り新しく整備された汐留地区。
その中で汐留シオサイト5区に「イタリア街」とかなんとか言って開発されてるのが、
前回写真の場所。自宅からもジムショからもまあまあ近いのと、
こういう写真って腕よりロケ地次第でどうにでもなるというかね(笑。

住所で言うと「東京都港区東新橋二丁目17」なので、
マーさん、よろしければ検索してみてくださいませ。

b0061723_21131540.jpg
高度150mの航空写真はGoogle Earthにて。
左上に走るのが第一京浜、右に走るレールは山手線(新幹線とかも)という立地。
汐留のメインから線路を隔ててしまってるのも原因のひとつなのかもしれないが。
横浜中華街にチャイニーズがいるように、東京新大久保にコリアンがいるようには、
イタリアンが居ないってのがもう致命的。




建物や石畳が新しすぎるし、現代日本式の街の作り方なので、
期待しすぎるとがっかりするかもしれません。
(写真撮るにもあまり絞り過ぎないほうが良いですね)
こういう<→参考サイト>を見ると楽しそうに見えるのだけど、
イタリア街と言うにはあまりに狭すぎる。

b0061723_21374712.jpg
写真が中心となる三角公園。(正しい名前は知りません)
三角ベースをすれば周りの建物のガラスはすぐ割っちゃうね。
野比のび太にはデンジャラスゾーン。
うんにゃ、イタリア人ならフットサルか。
ゴールキーパーのノビ・ノビータ。

実は2004年から作り始めているらしいのだけど、
二、三年前に見に行った時からほとんど変わっていない。
なんちゅうか開発し始めたけど、今ひとつ盛り上がれないまま、
忘れ去られてしまいそうな雰囲気なのです。

そのおかげ?か、人影も少なく、写真が撮りやすいので(笑、
雑誌や広報写真でロケ地に選ばれ易いのは納得するところ。
ただし、本来は確か公園なのでスクーターを乗り上げて良いのかは知りません。
エンジン掛けてなくても本当は怒られるんじゃないかな‥‥。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-02-08 22:48 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(5)
発光する火の見櫓
 
b0061723_322190.jpg12月になってすっかり年末モード。東京の街のあちこちにイルミネーションが氾濫する中、ついカメラを向けてしまった左の建物。もう二年近く前なので覚えておられる方は少ないかもしれませんが、バベルの塔ならぬ、高輪消防署。
→<以前の記事>

消防署ってことはナニか、この電飾は税金で買ったのかい? LEDっぽくは見えないんだけど一日あたりの電気代はいくらよ? 普通の人までが声高にエコを叫んではばからないこの時代にさ? んんーん?

なんて言うつもりは無い。いつも僕らを守ってるくれてる火消し隊もたまには息抜きできてるんかな。訓練された屈強な男どもが、自分の勤め先である消防署を可愛く飾り付けてるのを想像して思わず癒されてしまった。なんとも微笑ましい光景じゃないか。でもアレか、彼らはこういう高所のスペシャリストか。きっとぱぱぱーって登ってちゃっちゃと飾り付けられんだな。



b0061723_3263328.jpg
イルミネーションを施そうが忘れちゃいけない冬の四文字熟語。
「イルミネーション」と「火の用心」という、相性の悪さにグゥとくる。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-12-05 00:10 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(0)
むかし話はもうよしとくれ
ええ、ええ。全くです。
記憶をたぐるのもけっこうエネルギーがいりますし。

b0061723_18404324.jpg
えーと。二番町の‥どのあたりでしたっけ??
暑いね、外での打ち合わせにもエネルギーがいる季節になってきました。
気分的に道がわからなくてウロウロなんてしてられないよー。
早速グーグルのストリートビューを試す。
すんごいのね、コレ。びっくりしたよ。


 

もう、お試しになられましたか?
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-08-08 02:30 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(4)
転がれ、虹色の球体
 
b0061723_3461929.jpg
「コレなんて良さそうじゃない?」

残念ながらタイフォースのマフラーはSクンに断られちゃったので、
今日はアニキにプレゼンタイム。皆であれやこれやと。
管径、テーパー具合、音量、バッフルやセンサーの付き方とか。
重量も大事だよね。今の社外マフラーってすごく軽いし。
今やリプレイス品に交換するメリットの中で軽量化の占める割合って決して少なくない。
特に大型バイクはね。




そうそう、チタンと言えば。
嘘かホントかこんな噂を耳にした。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-06-29 03:02 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(5)
灰色のゴーレム 最高裁判所
b0061723_331248.jpg
都庁が歩き東京国際フォーラムが宇宙へ旅立つ時、三宅坂の最高裁はゴーレムになるという。
といってもアニキを倒すでもなく、都庁を援護するでもなく、
東京国際フォーラムに乗船すべく慌てて宇宙服を着るわけでもない。
目を閉じ耳を塞ぎ、ただただ一心に呪文を唱えるだけ。
当然アニキにそんな呪文なんてこれっぽっちも通じないし、都庁からは無視される。
時折、東京国際フォーラムに銀河法について訊かれるのだけど、
彼はそれが範疇外なので、知らないことを悟られまいと必死なのです。




悪ふざけが過ぎました。
でもついそんなイメージを持ってしまう最高裁判所の建物。
実は僕これが意外と新しいものなのか、古いものなのか不思議に思ってたんだけど、
調べてみると1974年完工だって。僕と同い年!(学年では一つ先輩←ココ重要)
そう思うと、中々立派なデザインに見えてくる。設計は岡田新一氏。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-04-07 03:57 | 東京の目じるし | Trackback | Comments(2)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31