Top
カテゴリ:ちゃり( 60 )
10速化
b0061723_17473660.jpg
あれからもうすぐ半年経つ。
今もしつこく浅草でリプニツカヤを探しているのだけど、キャノンデールは戻ってこない。




別に長距離走る訳でもスピードを競う訳でもないのだから、
KHSの折りたたみ自転車で事足りるのだけど(なにしろ主な使い道が浅草散策だ!)
やはりロードバイクの乗り味を知ってしまうと悲しくなるのも正直なところ。
なので、KHS F20ASをもう少し走れる自転車にするべく、10速化してみることにした。
11速化じゃないあたりが慎ましいっしょ?

b0061723_1802578.jpg
新たにリアディレイラーに105を投入。
ティアグラでも良かったんだけど、カセットスプロケットと揃えるべく奮発した。
リアディレイラーはそんなに高いものでもないしね。

b0061723_1822169.jpg

11-28の10速カセットが欲しかったのです。
(11-12-13-14-15-17-19-21-24-28)
元々ついてた8速カセットが11-30のMTB用で、さらにフロントを52Tから60Tに変更してるので、
できるだけローギアは残しておいたほうが良かろう、でも11Tは欲しい(ほとんど使わないけど)。
そんなことを考えての選択。

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2014-06-22 18:25 | ちゃり | Trackback | Comments(2)
浅草にリプニツカヤは居ない
b0061723_1145278.jpg浅草に引っ越して、一ヶ月経たずして自転車を盗まれた。出先で、ではなく自宅マンション駐輪場からキャノンデールが無くなったのです。はじめは誰かがイタズラしたんでしょ?どこのツンデレ女子ですか、まったくもう!ってなくらいに考えてたし、澄んだ泉を見つけると綺麗な金髪をした女神が現れて「無くしたのはこちらのラグの溶接が美しい銀色のコルナゴですか?それともこちらの金色に輝くデローザですか?」って訊かれるのかしらと水底を覗き込んだものでした。


b0061723_1151713.jpg
しかし、待てども待てどもリプニツカヤ似の女神(え?想像と違う?)が僕の前に現れないので、仕方なく丁寧に梱包して仕舞ってあったKHSの小径車を引っ張りだした。いやほんとにうまく梱包できてたのに。「デザイナーたるもの、梱包は美しくあれ!」とは前の職場の女性上司の言葉。その言葉は正しい。しかし現実に向き合わなくちゃ。なお、公道走行用のライトやワイヤーロックなんかは全てキャノンデールに移植あったので手配する必要あり。畜生、マジでパーツだけでも返してくれんかな。せめてホイールだけでも返してくれ。


 

買い物の時間だっ
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2014-03-23 12:35 | ちゃり | Trackback | Comments(2)
ゆるせKHSよ
引っ越してオートバイを弄るスペースどころか、現時点で、バイク駐輪場が一台しか確保できてない。
結局、仕事場のある六本木に二台分借りて、日替わりで自宅に乗って帰るという状況。
自転車に関しても同様で、一世帯あたり二台しか自転車置き場の割当が無い。
となるとすでに活躍中のotoboke-yaさんのビアンキが一台、当然此れ確定なり。
残りの枠ひとつをめぐり、KHSとキャノンデールがぐるぐると椅子取りゲームでデッドヒートしていたわけだけれど、最終的にKHSがその折り畳み性能を期待されて、エアコンの室外機の横に追いやられてしまった。

b0061723_147114.jpg
今までKHSが担って来た、買い物やちょい乗りに対応させるべく、キャノンデールを微調整。
といってもハンドルを15mm上げてコンフォートよりに、KHSに付けてた大光量のライト<といってもコレ>や長いワイヤーロックを装備しただけ。ほんとはフラットペダルに替えたかったんだけどね。さっき寄った自転車屋に安いの売ってなかったのん。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2014-01-24 00:45 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
広告の巻
b0061723_21104286.jpg
「単4電池ってのが良いんだよ。エネループ使えるし」
年末に最新小径スポーツちゃりを買った電脳クンが付けていたKNOGのライト。
KNOG。<→メーカーサイト>が格好良し。

otoboke-yaさんがビアンキに付けてるFROGっていう一灯式LEDライトは日本で結構ヒットした。
僕的にはこういう小さいLEDライトはひたすら軽い方が良いと思っていて、
KNOG FROGより軽いX-LITE AQUA<→以前の記事>を使ってきたのだけど、
先日どこかで振り落としてしまったのか紛失してしまった。
しかしKHSの小径車は60T化で重くなってしまったし、今はもうキャノンデールのロードもあるので、
KHS用は使い勝手を優先してエネループが使えるこのKNOGのGEKKOを買ってみた。






意味もなくムービーを撮ってみた。
(KNOGの広告みたいな内容だけど別に回し者じゃないのよ)
通常の点灯の他、点滅は速さが二種類選べるのだけど、
願わくば、二種類の点滅パターンで消費電力が違っていて欲しかった。


 

おまけ
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2010-01-14 04:23 | ちゃり | Trackback | Comments(3)
ビバ!片持ちフォーク
b0061723_3243521.jpg
やっぱりGTS300ではブレーキの過度なパフォーマンスアップは容量的に無理が生じるかもなぁ。
マスターやリザーバタンクをすっぽり覆うハンドルの造形は守りたいところだし、
そもそも12インチ、フロント片持ちフォークって時点で自ずと220mmシングルディスクという制約を受ける。
ベスパの最大排気量が数年後に上がるとして、278ccから298ccならそのままって可能性はあるけど、
もし400ccマスターエンジンを積むなんてことになったら新規で起こされたボディーと共に、
12インチかフロント片持ちフォーク、どちらか(あるいは両方)を諦めなければならないと思う。
(14インチ程度なら僕はタイヤが選べる12インチの方が良いのだけど)
例えタイヤの選択肢が減ったとしてもフロント片持ちフォークは残して欲しいなぁ。
ベスパらしい造形を構成する大事な部分だと思うのです。


 

片持ちフォーク好きな人へ
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-11-10 04:28 | ちゃり | Trackback | Comments(2)
春に向かって走れ
b0061723_0113019.jpg
日曜日の続き、上野公園内に咲いていた寒桜。
春がそこまできてる。自転車で走ってても汗ばんでくるほど。

暖かくなってきて気になるのが少し鼻がムズムズすること。
認めてしまい一気に花粉症になるのが怖いので、その疑惑はあくまで否定しますが、
どうも鼻の粘膜が乾いたような感覚があるんだよなぁ。今って必要以上に空気乾燥してる?

自転車で走るってことはその分余計に空気を吸うわけで、
花粉症持ちの自転車乗りはさぞ大変だろうなと想像します。
超人的な心肺機能を持ってる人ほどそれが仇になりそう。

b0061723_033124.jpg
休日自転車はKHSばっかりです。
折りたたみ機構とか小径タイヤが必要なんじゃ無くって、
単純にotoboke-ya'sビアンキと並走するのにロードは邪魔臭いから。
SPDが付いてないってのもあるか。

以前からこのKHS、前カゴ(籐籠なんていいよね、重いけど)付けちゃおうかと思案中。
ハンドルバーから支持する方式ならリクセンなんかで簡単に解決するんだけど、
なんとかもっと下の位置からカゴを生やせないもんかって思ってるもんだから、
計画は依然として計画のまんま。なんか良い方法無いのかなあ。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2008-03-13 00:53 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
レインボーは押しても渡っちゃいけない
b0061723_140213.jpgこの三連休、温泉にでも連れてけって言われるのかと思ってました。
ムラカミさんちツーリングの後にはそう言われることが多いから。

「ゆばーば行きたい」
「湯‥?」

「ゆ・ざ・わ・や」
「温泉じゃないの?」

「うん。ちゃりで行く」
「ちゃりで新宿っすか」

「いや、蒲田に行くのだ」
「何故に蒲田?!」



 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-11-25 01:38 | ちゃり | Trackback(1) | Comments(0)
彼女のイタリア
b0061723_0562465.jpg
「最近この自転車、気になるところがあるんだよね」
「一度乗ってみてよー」
「そして直しといてね、私仕事にいってくるから。んじゃ!」




と言い残し、日曜日なのにotoboke-yaさんは朝から居なくなった。
さてと。今日はとりたてて用事もないことだし。
タイヤの空気とチェーンの注油だけしてちょっと走ってみる。
それほど酷くは無いけど、やっぱり暑いのでお台場をちゃりちゃり。

冒険王に行っても仕方ないので、フェリー埠頭まで。以前、ろーろーまりもを見たところ。
ウチの近所にこんなところがある事が嬉しい。上の写真はろーろーえりも、だけど親戚かもね。

b0061723_111197.jpg
この彼女の折りたたみ自転車はBIANCHI TREVIGLIOといい、ビアンキ・トレビリオと読む。
今日は写真で「フイルムライク」にトライしていたりして、これじゃよく判らないと思うので
下記にて改めて解説してみました。たまにはそんなのもいいかなと。


 

More
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-08-20 02:32 | ちゃり | Trackback | Comments(3)
応援するに限るのだ。

b0061723_20304035.jpg
やっぱりお盆シーズンど真ん中にもなると都内は空いています。
ただこうも暑いと、自転車で荷物担いで一日中都内を走るのに適した季節だとは思えませんが。

写真はT-serv VS ソクハイの自転車便対決の図?
それにしてもブリヂストン・モールトンとは‥‥。
以前、BMCのロードバイクを使ってる人を見かけたことがあるけど、
機材としての合理性を考えたらモールトンというのも贅沢というか酔狂というか。
だからガンバレ小径部!ってチーム・ソクハイの方を応援したくなる。

そうそう、ショックなのが来季のディスカバリーチャンネル。
チームとしてだけでも近い将来、再建されますように。
別府クン大丈夫か?




昨日は自転車でフラフラしてみた。
仕事だとその汗のまま打ち合わせに出たくないから真夏はさすがに‥だけど
休みの日ぐらいはなんとかかんとか。まあ、TV観戦のほうがいいけどねー。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-08-14 00:00 | ちゃり | Trackback | Comments(0)
THE ALL-NEW MADONE
久々の自転車ネタ。

先日電脳クンとちょっと話してたんだけど、
これについてはちょっと触れておきたいと思ったのです。

b0061723_21583573.jpg
数週間前TREKの新しいMadoneが仮発表されたという。
(注*Madoneシリーズ:ツールでの常勝をランスにもたらしたマシン)

昨年末幕張で行われた自転車ショーで去年のモデルに僕も試乗しましたが、
まあ、なんていうか現時点での「最強マシン」といっても過言ではないらしい。
とにかく“進み”ます。少なくとも素人の僕にもそれぐらいはわかった。
理屈や理想が常にテスト的に投入される最新ロードレーサーの中にあって、
実際に誰もがそれを実感できる数少ないマシンだと思う。合理的な勝つ為のマシン。

それはホンダCBR1000RRに凄くよく似ていて、
ネクサス500ssだ、ピアジオMP3だ、いやいやFUOCOだ、なんて言ったって、
比較的高価な国産スーパースポーツも純粋な運動性能を考えると、
実はそのコストパフォーマンスは素晴らしいというのに似てる。
加えてホンダ的だと思えるのはその信頼性。
20年近く前、倒立フォークが各社の市販車に装備され始めた時、ホンダは慎重だった。
思えば初めてのフルカウルのレプリカはスズキのガンマだったし、
昨今のラムエアシステムなんかもカワサキなどの方が積極的だ。
本当にそれが必要なのか、確実じゃないことは行わないというストイックな考え。
そのくせ、同爆エンジンとかV5エンジンとかプロアームとか、
必要だと思うところは、いとも簡単に(少なくともそう見える)作っちゃうんだけどね。

それをTREKにも感じるのです。
世界最強アメリカ宇宙工学で一番大切なフレームをサクッと作るくせに、
ヒルクライムでも依然としてホリゾンタルフレームだったり、
普通のヘッドセットだったりするのです。
「大切なのはそこじゃない」と。

それはもう美学とも言えるようなもので、そこがまたカッコ良いのですよ。
(キャノンデールは‥‥その正反対かな?田舎町の小さな会社がキテレツなものを作る感じ)
しかし今回そのMadoneがついに‥‥ってことでちょっとびっくりしたのです。


b0061723_0231688.jpg
スローピングフレームにインテグラルヘッドなだけで以前のMadoneからするともう別物なんだけど、
内容的にもほぼ完全なニューモデルといっても良いくらい、みたいなのです。
なんていうか、ランス・アームストロングという超人が引退したりして、
なりふり構ってられなくなったようにも見える。
「できることは全部やる」と。

詳しくはアメリカの本社サイトにあるのですが、、
小さなアルファベットを読むのが鬱陶しい人にはぜひコチラを。英語だけど。
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2007-06-20 00:00 | ちゃり | Trackback | Comments(0)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31