Top
全力でSクンにオススメしたい、FASTER SONS
b0061723_19210150.jpg
「トラはいつ頃おりてくるの?」
「え?オルタネーター交換した?なら買取価格40万円まで増額するよ?」
 ーーSクンが笑顔で僕に言う。

「それなら良い話があるよ。今ならモリーニのコルサーロが〇〇万円で出せるよ!」
 ーー黄色好きさんが嬉々として僕に言う。

「そもそもところで、さんにトラは似合ってないからね?」
「勘違いしてない?ところで、さんにトラが似合っていたことなんて今まで一度もないよ?」
「正直モリーニの方が絶対似合ってるよ!」
 ーーひろしさんが真顔で僕に言う。




いやいや。待て待て。

みんな何言ってんの?
SクンのST2が年数なりに朽ちてきてるのは理解してる。
で、彼の次期車両がどうして僕のストリートトリプルRに確定しちゃってんのよ。
こっちの都合おかまいなしデスカ?
現在我が家の家計が、ターボ付き1000万馬力の火の車なの知ってる?
みんな何言ってるのか意味がわからないよ。

Sクンも軽いバイクが欲しいってのはわかる。
しかしなにも8年落ちのストリートトリプルRなんか選ばなくても、
今はもっと良いバイクがあるでしょ。
僕だったらBMWのR nineT RACERかトライアンフの最新スピードトリプルが欲しいけど、
高いし、重いし、現実的にはヤマハのXSR900なんて惹かれる。
アレ、実際に公道で走ってるのを見かけていいなぁって思ったもの。

b0061723_20510975.jpg
昨日、otoboke-yaさんに付き合ってGINZA SIXに行ってきたんだけど、
近くのヤマハ楽器(ZARAの隣ね)にこんなのが置いてあった。
ヨーロッパヤマハのカステムモデル?だっけ。FASTER SONSのXSR900。
これがえらくカッコよくってたくさん写真を撮ってきので今日はそんな話を。

Sクンはよく見てお金と判子を用意しておくように。
そして僕からトラを取り上げるなんてことは、再考するよう切に望む。


 




b0061723_20280357.jpg
とはいえ、あくまでショーモデルみたいなもんで、
これをそのまま買えるわけじゃないんだけどね。
XSR900の素材のよさは十分に伝わるはず。

b0061723_20552665.jpg
XSR900の銀色を選ぶと茶色のシートがついてくるけど、
これはさらに仕上げの良いスペシャルシート。
スウェードのシートは雨が怖いとかいう?
天気のよい日しかのらないお金持ちのシートだけど、
そういうやせ我慢はカッコいいと思うんだ。
駐輪場に屋根がない?
どっちみち新車買うなら車体カバーかけたくなると思うんだ。

b0061723_21022903.jpg
XSR900の良いところは鉄タンクの外からアルミのガワを被せてるところだと思う。
サイドパネルの塗装を剥いでバフがけするだけで、こんなに魅力的。
プラのタンクカバーや鉄タンクだとこういうのできないし、
これはやる気次第で個人でできる。ほんとこれは羨ましい。

b0061723_21183429.jpg
一方個人では難しいと思われるのはこんなアルミ叩き出しのビキニカウル。
純正オプションで出してくれるといいんだけどねぇ。
カウルじゃなくてバイザー的なものなら簡単に付けられそうだね。
なお、カウルにしろバイザーにしろ、ここはアルミがいい。

b0061723_21215692.jpg
個人では難しそうなところその2。
リアのショート化。

b0061723_21242536.jpg
ナンバープレートはこんなアルミパイプの構造物を新たに作ってる。
アルミのビキニカウルくっつけるより難易度高そう。
どっちみち、こういうのSクン嫌いそうだけど。

b0061723_21273326.jpg
ついでにフロントフェンダーもアルミパイプで取り回し。
ちなみにカーボンパーツはおそらくワイズギア取り扱いのNEXRAYの一品モノ。
しかし、個人で再現するのが難しいのは上記までで、その他は意外と普通のというか、
市場に出回ってる社外品で構成されているので、以降はそのパーツメーカーも参考までに記しておく。
例えば、特徴的なパターンのタイヤは最近のピレリの製品でファントム。
120/70、180/55サイズなので、これならウチのトラにも履けるのか。

b0061723_21353493.jpg
ミラーはリゾマのClass retro。
確か片方で2万円ぐらいするけどね(笑。

b0061723_21393766.jpg
肉抜きが素敵なドリブンスプロケットと…

b0061723_21411493.jpg
レバーまわりはゲイルスピードの刻印。

ステップはギルズツーリング。

b0061723_21481726.jpg
リアのウインカーはアクティブのライセンスホルダー一体型で、フロントはワイズギア純正LED。

b0061723_21480154.jpg
前後のウェーブディスクローターはガルファー、サイレンサーはPRUNUSなど。
以上、再現してやるぜってひとの参考になれば。

b0061723_22001840.jpg
あとはシート下のアルミ部材の色を暗く着色してたりとか、
純正部品をちょっとずつ手を加えていて、それらの積み重ねで、
こんなにカッコよくなるぜっていう見本ですな。

どうよSクン、XSR900欲しくなってきたでしょ?
カスタムなんてしない?
うん知ってる。

でも素のままのXSR900の時点でもう、こういうカスタムチックな見た目だし、
純正オプションくっつけるのならカステム嫌いな君も抵抗ないでしょ?

とりあえず君には純正オプションのアルミ製シングルシートを強くお勧めする。
後ろに人を乗せないっていうハードボイルドな心意気ってのは、
それはそれでいいもんなんだゼ?


 

[PR]
by la_nuavo_vespa | 2017-05-01 22:35 | 素敵マシン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://newvespa.exblog.jp/tb/26827280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 走ったことのない道を走りたい 集中治療 >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31