Top
J.costaをインストールしてみよう その3
b0061723_343469.jpg
J.costaをインストールしてみよう、最終回はインプレと耐久性などを考えてみます。

とりあえず、エンジン掛けてみる。アイドリングで少ーし金属音が聞こえます。
でもタイフォースが入ってるのでよく耳を澄まさなくては気付かない程度。
ノーマルマフラーだと聞こえやすいかもしれないけど、チチチチチって感じの、
そんなに不愉快な音では無いと思います。

さて、数百キロ走り、公平を期すべくマロッシと変速回転数を合わせた上で、
バリエーター以外の駆動系部品を全て純正に戻してバリエーター単体での感想を。
ノーマルバリエーターと比較してしまうと当然パワフルなのでマロッシとの比較で書きます。

0発進加速。バリエーターが開き始めてから開き切る手前までは、
J.costaの方が少しパワフルな気がします。気がするだけじゃ困るので、
今回も0~100km/hのタイムをクロノグラフ片手に自分で計ってみた。
それぞれ5回計測の平均値なんだけど、マロッシより確実に発進加速は良くなってるみたい。
また、変速回転数の傾向では(マロッシもJ.costaも変速中の回転数はフラットなものの)、
あえて厳密に言うとマロッシはバリエーターが開き始めてから徐々に回転数が上がっていくのだけど、
(それはトルクドライバー入れても同じ)J.costaはバリエーターが開き始めるとすぐに、
ポンッと回転数が上がった後に開き切る手前まで、ジリジリと回転数が落ちていく感じでした。
(当然開き切るとまた回転は上がっていく)
100rpmとか200rpmとかの話ですし、大した問題じゃないのかもしれないけど、
より低い速度の時に回転を上げておくほうが車体を引っ張るのに有利なのかもしれない。
100km/hではまだ両者ともバリエーターは開ききっていないので、
そのアタリの特性の差が出ただけなのかもしれませんが。

b0061723_3464747.jpg
次に一番大事な再加速特性。計測したわけじゃないのではっきりとしたことは言えないのですが、
これもJ.costaの方が良い感じ。バリエーター以外はノーマルなのにその他も替えた様にツキが良い。
ハーフアクセルからガバッとアクセルを開けたときの回転の上がりが早いように思う。
「バリエーターの開き始めでポンと回転数があがる」というのが影響してるのかも。
バリエーターが開き切るあたりの速度、120km/hでの再加速性は、
逆にマロッシの方が良いのかもしれません。

最後に最高速
これはマロッシの方が最高速に強いような気がします。
ワッシャを追加してるから…というのも影響してるのかもしれませんが。
「バリエーターのギア比」的にはマロッシであれ、J.costaであれ、
とりあえずベルトが駆動ケース内部を既に擦ってしまっているので、
僕の300で言わせてもらえばもうこれ以上は無理っぽい。

それより考えるべきこととしてその速度の維持って観点があるとおもうのですが、
その他ベルトやトルクドライバー、クラッチなど、他に組み込むものとの整合性がとれている、
マロッシの方が向いてるような気がしますし、再三述べている回転数の変わりやすさ、
低速域で高回転を維持するタイプのJ.costaは向いていないのかもしれません。


 
インプレとしてはそんな感じですが、あくまで僕のベスパ300に入れた状態で、
GTS250だったり、ベスパじゃないクオーサーだったりするとまた違ってくるかもしれません。
それを踏まえ、同じく僕の300に入れた結果で、耐久性なんかも考えてみましょう。
(まだ数百キロしか走ってないのでなんともいえない部分があるのですが…)


 



b0061723_5493090.jpg
んんんんん?
ケースを開けると黄金色の金属粉発見。

b0061723_4213020.jpg
この色はココが削れているから。前回の記事の一枚目の写真と見比べてもらうと判るのですが、
この部分には「J.costa 25*33*25」という印字がされていたのに、
すっかり削り取られて無くなってます。

b0061723_4261151.jpg
予想通りワッシャに当たってるのか。
てことは最高速域でアウターフェイスとバリエーターがガッツリ接触するってことだよね。
このまま乗ってて大丈夫なのか不安になります。
まあ、ワッシャの厚み分(1ミリ)削れるまでは使ってみるかな。

b0061723_429276.jpg
次にお椀(バックプレート)。
ウエイトのスティックが押した跡はこんな風になってた。
意外と外側しか使わないんだね。
お椀のフチ1ミリぐらいには跡が付いてなかったので、ちょっと安心。
あと心配してたスプラインが切られてない穴にも摩擦跡は無いぞっと。

b0061723_4354522.jpg
ウエイトスティック。
この写真は走行100km時点での写真なのですが思ったよりかは磨耗してない。
ノーマルバリエーターのローラーに比べ、極度に磨耗し易いマロッシのローラーは、
100kmやそこらで既に偏磨耗が始まってることが多々あるので、
J.costaのウエイトの耐久性はそんなに悪くないのかも。

(海外のサイトで4000kmほど使ったウエイトスティックを見たことがありますが、まだまだ使えそうでした)

b0061723_4412650.jpg
セッティングで組みなおした二回目以降、念のためウエイトスティックにグリスを塗っておくことに。
まぁ、はっきり言って気休めでしか無いのですが!
耐熱性のシリコングリス。モリブデンが入ってるようなのはダメだと思うよ。




◇◇◇

基本的な耐久性はそんなに悪くなさそうな気がしています。
ただやはり一番心配なのはワッシャ問題。ココがホントのところはどうなのかがポイントだと思う。
仮にワッシャを抜いたとしても、アウターフェイスとバリエーターフェイスがコンニチワするのは、
変わらないし(むしろ増える)その時プーリーボスのガイド部分(金色の部分)が磨り減らないのか?
ある一定のところまで減ってしまえばそれ以上は大丈夫なのか?謎が残っています。
全く新しい仕組みのバリエーターだし、それもこれも人柱の宿命だとは思うのですが、
いずれこの問題が解けたら誰か教えてくださませ。。。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-06-07 05:06 | GTS300Super | Comments(2)
Commented by K。 at 2009-06-07 19:45 x
お~色々考察ですね♪
某氏のGTSにも付けてみたいですね~(ウヒ)
ちなみに僕のポリーニは国内2型TMAX→逆車2型TMAXと仲間のとこに行きました。国内には全くダメで僕と同じ逆車に装着した車両は軸受け部のガタが出まくってご臨終かな?って感じです。(約3000キロぐらいかな?)
とにかく僕はもうノーマルです。
Commented by ところで、 at 2009-06-08 04:14 x
「やっぱりノーマルが一番?」
こういうのはK。さんみたいに色々試してみて初めて言えることですよねえ。
ちょっとバリエーターを替えたぐらいで判ったような気になっちゃあいかんよな。と常々思っております。
もちろん考え無しに苦労するのはただの無駄だと思いますが、
考えた上での試行錯誤は大変貴重な経験になるでしょうから、
僕はもう少し駆動ケース開けたり閉じたりを繰り返してみようと思っております(笑。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 地味だけど塵も積もればってこと J.costaをインストールし... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31