Top
彼女の為の犠牲は大きいのだ
b0061723_050629.jpg
ちゅうことで、300に箱が付きました。


 



b0061723_0512190.jpg取り付けは250ieと同じだけど新たに250ieと同じキャリアが必要になる。そのキャリアが付くグラブバー側のネジ山が錆びてたのでそのネジ山を切り直すの図。ちなみに取り付け方法が250ieと同じなので200Lと違って振動で箱がちょっとプルプルする。アレ、気になるひとは気になるらしい(笑。それより僕が気になるのは、この箱はもともと200L用に作られてるのでキヤリアに掛かるツメの部分の作りや勘合具合がちょいと‥‥工業製品としてどうなんだい?って思ってしまうこと。さしたる問題じゃ無いんだけど、ね。


b0061723_1323067.jpg
今回200L用を流用せず大枚はたいて300純正を取り寄せた最も大きな理由のひとつが
バックレスト的クッションがシート地と同じ質感であって欲しかったこと。
たとえ200Lのを塗装して箱の色が同じになっても、このクッションの生地まで同じにはならない。
300のシート生地って200Lとも250ieとも違って、ちょっと湿った感じのしっとりした肌触り。
ちなみにTRXやランナーのシート張替えでお世話になったシート屋さんの、
沢山有るシート生地見本の中にも全く同じように見えるものは無かった。
あとパイピングもあるしね。<最近シートのパイピング、気に入ってきてます。

b0061723_1431283.jpg
そのパイピング。
200Lや250ie用の箱のクッションにある縫い合わせとは違うラインを通ってるのは意外でした。
200Lや250ieのステッチより、微妙に内側を走っております。

日曜日に早速otoboke-yaさんを乗せて湾岸線~狩場線までの高速道路を走ったのだけど、
パイピングが背中に当たって気になることも無いらしい。
でもアニキのような恰幅のよい男子が薄着で乗ったらどうだかわからないけど。
いやいや、男子なんぞ乗せること考えてないかもね。

b0061723_1512159.jpg
コイツ本来のお役目、お嬢様送迎用としてはようやくあるべき姿になりました。
後ろのひとに優しいし(結果タンデムでも少し飛ばせるようになる)、
ツーリングでの突然の雨では本領発揮。(キャリア+パッキングした荷物より物の出し入れが楽)
お土産をもう少し多く買えるってのも美点。(出先で増える荷物の防水パッキングって邪魔臭い)

しっかーし。なんだか腑に落ちない点も三つ。

b0061723_1535059.jpg
まず、一気に実用車然とした見た目になってしまったこと。
Sクンには「マフラーと合ってないね」なんて言われる始末。。。
判ってたことだけど、実際にトップケースを付けてみて、その姿になんかしょぼーん。

次にハンドリングが随分と悪化。何故か200L+トップケースの時よりも強く感じます。
ハンドリングそのものが200Lから300になって劇的に良くなってるからなのかもしれないけど、
これが気になってしょうがない。300は200Lや250ieに比べ、フロントを“より使ってる”のかも。
(実際200Lよりフロントタイヤの減りが早いです)
よっていきなりあんな後ろに重量物を乗っけるとバランスが崩れるのかも‥‥なんてね。

そうそう、今までタイヤが減ってこようと300では一切ハンドルが振れることは無かったのけど、
(100km/hから停止まで手放しで減速したとして、200Lや250ieのような不安感は無くなった)
トップケースを付けた瞬間からそれなりに振れるようになってしまいました。
今のところトップケース付属の特大バーエンド(が付いてきます)は未装着なのだけど、
アレで直るような代物ではないと思ってます。

b0061723_2222830.jpg
最後に。
300のグラブバー根元に付いてたこの化粧部品(プラスチック製)なんだけど、
トップケースを付けると(というかその為のキャリアを付けると)使えなくなってしまった。
グラブバーの根元ってあんまり造形的に綺麗なもんでもないし、
案外錆び易い部分でもあるので、このパーツはちょっとお気に入りだったんだけどな。




◇◇◇

以上、300純正トップケースについての独り言でした。
納車後まだ5ヶ月目で、300に対する愛情が全開で溢れてる僕としては、
タンデムで出かける時以外、極力トップケースは外しておきたいと思うのだけど。
200Lみたいにネジ一本とはいかないけれど、ネジ四本で済むし。

でもだんだんそれも邪魔臭くなって付けっぱなしになるのは
火を見るより明らかなんだよなぁ‥‥。


 
[PR]
by la_nuavo_vespa | 2009-02-25 03:08 | GTS300Super | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< “Ken Heimamoru” 地中海の半裸のおっさん >>